教育内容・教員紹介 教育の理念・特色

トップ > 教育内容・教員紹介 > 教育の理念・特色(教育の理念、養成する人材)

教育の理念

 西南学院大学法科大学院は、充実した教育を通じて専門知識や技能において第一級の優秀な法曹を育てることを目指しています。
 また、キリスト教主義に立脚した教育という本学の基本理念を法曹養成教育においても貫いて、 豊かな人間性と寛容さ並びに博愛と奉仕の精神を養うことに力を注ぎます。

アドミッションポリシー(入学者の受入れ方針)

 本学法科大学院で法曹養成に特化した高度専門職業教育を受けるために必要な資質を備えているか否かを多面的に測る。具体的には以下のとおり。

1 推理力や分析力等の論理的思考能力並びに読解力、さらには、一般的な問題解決能力
2 学部段階で専門科目のみならず幅広く教養科目や語学科目等を十分履修しているか
 否か
3 取得した資格の内容や検定試験の成績等
4 社会人・他学部出身者については、社会人としての経験や他学部において学んだ経験
 が本学法科大学院における学習にどのように活かされるか、また、どのような特色ある
 バックグラウンドを持った法曹となることが期待できるか
5 社会に生起する様々な問題に対して多様な観点から分析・検討を行い、説得力ある方
 法で論旨を展開できるか否か

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 ディプロマポリシーの内容を成す能力を養成することを目的に教育課程を編成・実施する。
 具体的なカリキュラムの概要は、1年次には基本的な知識の体系的理論と基礎的な法的解決能力の養成を主たる目的とし、2年次には主に判例や仮設事例を素材として知識や理解を深めるとともにより高度な法的分析能力を養い、3年次には法分野に分断されない事件そのものを全体として把握し多元的に分析し対応することのできる実践的な問題解決能力の習得を目指す。3年間をかけて段階的に、<基礎>→<応用・深化>→<総合化>というプロセスを経て法曹に必要な深い学識と卓越した能力を養成する。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

1 他人の痛みを共有できる豊かな人間性とコミュニケーション能力を持ち、法の専門家
 として、高い倫理観・正義感を基礎にしてその知識と技能を人々のために役立てようと
 する強い意欲を持っていること。
2 社会に生起するさまざまな法律問題について、正義の理念と社会通念を踏まえた的確
 な事案の把握および事実の認定を行い、正確な法律知識に裏打ちされた法的判断(法的
 分析と推論)を加えて、人々が真に納得できる結論を導き出す能力を備えていること。
3 前項の判断を基礎として、これを表現するための質の高い文書作成および議論や説得
 ができる能力を有し、利害関係人その他の市民から信頼を得られる確かな紛争解決能力
 を備えていること。
4 社会の変化に伴って生じてくる新しい法律問題に対して、適切に対応できるだけの応
 用力や創造力を備えていること、特に今後重要性を増すと思われる国際的な法律問題に
 対処できる基礎的素養を備えていること。

養成する人材と教育システムの概要

ページTOPへ