入学者選考

トップ > 入学者選考(入学者選考の基本方針)

入学者選考の基本方針

(1) 本学の法科大学院で法曹養成に特化した高度専門職業教育を受けるために必要な資質を備えているか否かを多面的に測ります。具体的には、
 ① 推理力や分析力等の論理的思考力並びに読解力、さらには、一般的な問題解決能力
 ② 学部段階で専門科目のみならず幅広く教養科目や語学科目等を十分履修しているか否か
 ③ 取得した資格の内容や検定試験の成績等
 ④ 社会人・他学部出身者については、社会人としての経験や他学部において学んだ経験が本学法科大学院における学習にどのように生かされるか、また、どのような特色あるバックグラウンドを持った法曹となることが期待できるか
 ⑤ 社会に生起する様々な問題に対して多様な観点から分析・検討を行い、説得力ある方法で論旨を展開できるか否か

(2) 法学未修者の合格判定は、上記の①~⑤のポイントのすべてを考慮して行います。ただし、より多様な人材を確保する観点から、各ポイントへの力点の置き方を区別した以下の3つの試験形式を用意しています。各自にふさわしい形式を選択してください(複数選択も可能です)。
 ・「法学未修者入学試験」は、本学独自の小論文試験を重視するものであり、本学法学未修者入学試験の主たる形態をいえるものです。西南学院大学大学院法務研究科成績優秀者奨学金の法学未修者入学時奨学金の給付を希望される方は、まずこの試験を受験してください。
 ・「法学未修者入学試験(社会人・他学部出身者試験)」は、とくに④のポイントに力点を置くものです。
 ・「法学未修者入学試験(適性第4部利用試験)」は、法科大学院全国統一適性試験第1部~第4部の成績のすべてを評価対象とするとともに配点を高くすることによて、とくに①のポイントに力点を置きます。

(3) 法学既修者の合格判定は、上記①~④のポイントに加えて、さらに法律科目試験を実施し、その結果を基本として、提出された法学検定試験委員会の実施する「法学既修者試験(法科大学院既修者試験)」、「法学検定試験」の成績証明書、旧司法試験第2次試験(短答式)合格の証明書類等も参考にしつつ、本学法科大学院において必要とされる法学の基礎的な学識を有すると認められた場合に法学既修者として入学を許可します。

(4) 多様なバックグラウンドを備えた法曹を多数輩出するという司法制度改革の理念に照らして、他学部出身者や社会人を積極的に受け入れます。

ページTOPへ