スタッフ紹介

館長

伊藤慎二
アジア太平洋の中の日本という観点から、琉球列島・ロシア極東・オセアニアの先史考古学をおもに研究。
最近は、元寇防塁などの中近世の城郭遺跡・キリシタン考古学・近現代の戦争遺跡などについても関心を深めています。
詳細はこちら(西南学院大学の職員紹介ページが開きます)

博物館事務

原耕作
博物館のスタッフに刺激を受けて、キリスト教の歴史を学び直し始めたところです。

博物館教員(助教・学芸員)

下園知弥
専門はキリスト教思想・美術。博物館が所蔵する写本やイコンを中心に研究。現在はフィンランドの宗教・芸術についても調査しています。
詳細はこちら(西南学院大学の職員紹介ページが開きます)

学芸研究員

山尾彩香
専門は西洋美術史。教育普及担当として、こどもから大人まで楽しんで学べる博物館づくりを目指しています。

鬼束芽依
近世考古学を専攻。近世社会における日蘭交流を中心に研究しています。近世の好古家や第二次世界大戦の戦争遺跡についても関心があります。

学芸調査員

勝野みずほ
専門はデザイン史・図像学。インキュナブラの研究をしています。

山本恵梨
日本考古学を専攻。日本の古代祭祀を中心に研究しています。第二次世界大戦の戦争考古学にも関心があります。

相江なぎさ
日本考古学を専攻。中世・戦国期の武士について研究しています。武士の権力構造や関係性について関心があります。

栗田りな
神学部神学科学部生。キリスト教美術に関心があります。

学外研究員

後藤新治 20世紀美術研究所所長、西南学院大学名誉教授
主な研究:ジョルジュ・ルオーと20世紀美術における聖性の研究、イタリア未来派と「同時性」の研究、万国博覧会とパリ都市計画の研究、アジア近代美術におけるジェンダー表象の研究。


安高啓明 熊本大学大学院人文社会科学研究部准教授
主な研究:幕藩法の研究・キリシタン禁制の研究。


迫田ひなの
主な研究:近世日朝交流史

マスコットキャラクター

ジョージくん

ジョージくん
西南学院大学博物館マスコットキャラクター

誕生日:1920年9月9日
名前の由来:博物館の建築様式であるジョージアン・コロニアル・スタイルから
お仕事:展示の解説やミュージアムグッズのモデル
好きなこと:こどもたちと一緒に楽しく学ぶこと