スタッフ紹介

館長

後藤新治 2017.4~
プロフィール:
学生時代は入学した工学部機械工学科になぜか興味が持てず文学部の授業にモグっては仏教美術(寺院建築と仏像彫刻)の旅に明け暮れ、私を育ててくれた15年間の北九州市立美術館学芸員時代(1983野見山暁治展、1985中西夏之展、1988若林奮展)を経て、大学に移ってからはイタリア未来派の研究を決意し、一方ジョルジュ・ルオーと20世紀における聖なるものの表象はもはやライフワーク。テーマは変わったが、求めているものは変わっていない。詳細はこちら(西南学院大学の教員紹介ページが開きます)

博物館事務

塚田恵美子 2018.4~
プロフィール:

学芸員


プロフィール:

学芸研究員

野藤妙 2015.10~
プロフィール:
日本近世史専攻で、日蘭交流史について研究しています。特に長崎の絵師川原慶賀に注目しています。

山尾彩香 2012.11~
プロフィール:
西洋美術史を専攻し、崇拝そして忌むべき対象とされた女と蛇の表象についての研究をしていました。

学芸調査員

宮川由衣 2017.4~
プロフィール:
西洋美術史を専攻しています。二十世紀の聖書表象について、主にマルク・シャガールの〈聖書のメッセージ〉連作について研究をしています。

中禮尚史 2017.4~
プロフィール:
日本近世史を専攻、特に文化元年ロシア使節来航事件における長崎警備について研究をしています。

西山萌 2017.6~
プロフィール:
西洋美術史を専攻しており、19世紀の印象派について、特にギュスターヴ・カイユボットについて研究しています。

鬼束芽依 2017.6~
プロフィール:
日本近世史を専攻しており、その中でも日本考古学史、主にシーボルト親子の日本考古学研究について研究をしています。
日本考古学にも興味があり、将来九州地方主に宮崎県の縄文から古墳時代までの研究がしたいと考えています。