新しい自分を発見する場所。Discover yourself. Connais-toi toi-même. 西南学院大学

施設・設備

2020年、
学生寮が「国際寮」に変わります。

「学内留学」を実現し、
異文化交流と国際人育成の拠点に。

2020年4月、西南学院大学が運営している3つの学生寮が「混住型国際教育寮(インターナショナルハウス)」に生まれ変わります。世界29カ国からの留学生と日本人学生が多文化共生環境のもとで集団生活を送ることにより、将来国際社会で活躍し、社会に奉仕する創造的な人間を育成します。

語学力とコミュニケーション力育成

寮内の共通言語は英語と日本語。居室は個室が中心でプライベート空間は確保されていますが、寮生同士の活発な交流を促進するさまざまな仕掛けがなされており、学内留学による圧倒的な語学力とコミュニケーション力を育成します。

国際交流を育むスペースを設置

寮内には、共有のキッチンやラウンジ等の交流スペースが設けられており、自然に国際交流が促進されるようデザインされています。24時間365日、言語や文化の異なる学生が混住する「多文化共生環境」に身を浸すことにより、真のグローバルを体験します。

学生主体の運営

国際寮は、RA(レジデント・アシスタント)という学生スタッフを中心に寮生自身が運営します。寮の運営、国際交流イベントの企画・実施など、学生たち自らが行動することで、主体性やリーダーシップ、実行力を育成します。

インターナショナルハウス I

MIGIWA (汀)

インターナショナルハウス II

MINATO (湊)

インターナショナルハウス III

HEKIHA (碧波)

キャンパスまで徒歩2分、オートロックや防犯カメラを完備し、24時間管理体制により安全・安心な住環境を提供します。(食事の提供はありません)

寮費等金額
35,000円~42,000円/月
(税金・光熱費込)

グローバル・スチューデント・ラウンジ

学内でも異文化交流を体験

本学は、29カ国96大学と国際交流協定を結んでおり、150名を超える留学生が学んでいます。当施設は、授業外においても日本人学生と外国人留学生が活発に国際交流できるスペースとして開設し、さまざまな国際交流イベントを開催しています。多様な背景を持つ留学生との交流の中で、異文化理解を深め、外国語運用能力を向上させることができます。

言語教育センター

総合的な語学学習をサポートします。

CALL教室、LL教室、AV教室ほか、メディア学習室などを設置。オーディオ、ビデオ、パソコンなどの多彩なメディアや機器を活用し語学力の向上を総合的にサポートします。

語学ラボ・ワールドカフェ・語学検定試験の受験料補助など語学力上達をサポート

言語教育センター主催の語学ラボでは、当センターの外国語教員や大学院生の指導による英会話・フランス語会話・中国語会話・韓国語会話や、派遣留学経験者とフリートークで会話練習ができるワールドカフェなど、数多くの課外プログラムを無料で提供しております。また、英語(TOEIC・TOEFL・IELTS等)、フランス語(DELF DALE等)、中国語(中国語検定等)、ドイツ語(ドイツ語技能検定等)などの語学検定試験の受験料を補助します。(受験料・補助額は試験によって異なります)

図書館

総合的な語学学習を支援します。

本学図書館は、自学自習のための「静」の空間(サイレントゾーン)と、プレゼンテーションやディスカッションなどで学びを深める「動」の空間(アクティブゾーン)を設置しています。サイレントゾーンでは、人目を気にせず、じっくり情報に触れられる閲覧席やひとりでも、複数名でも利用できる視聴ブースがあり、静かな環境で有意義に過ごすことができます。また、アクティブゾーンでは、貸出用のノートPCやタブレット、プロジェクターなどを使用して、授業のプレゼンテーションはもちろん自由に議論を行いながら学習を進めることができます。さらにラーニングサポートエリアには、学修相談員(ラーニングサポートスタッフ)が常駐し、情報の探し方やレポートの書き方、プレゼンテーションの仕方など様々な学習相談に応えてくれるので、安心して学びを深めることができます。

入試課公式SNS

大学公式SNS