学校法人西南学院 舞鶴幼稚園 まいづるようちえん


このページは舞鶴幼稚園 ホームの中の舞鶴幼稚園の保育の中の舞鶴幼稚園の保育です。

 

“心ゆたかでたくましいひかりのこ”を目指して一人ひとりの個性を重視し仲間とともに育ち合う子どもたちを育てます。
太陽と土と水と緑に囲まれて遊ぶ中で基礎力を育んでいきます。

【保育目標】

当園では、総目標に「ひかりの子ども」をかかげ、教育の4つの柱をたてています。

1.キリスト教保育
神に愛されている自分を知り、他の人たちを愛する喜びと生命の大切さを知るようになります。

2.のびのび保育
明るくのびのび活動をする中で、丈夫な心と身体を育て、自主性を重んじ個性を生かしながら、楽しい仲間づくりをしていきます。

3.総合保育
障がいをもった子どもも共に育ちあうことをめざしています。

4.たてわり保育
年齢の異なる子どもたちが一緒にどろんこ、つくって遊ぶ活動、ごっこ遊びなどで親しく交わります。


【保育体制】

1人1人の個性を伸ばすと共に、配慮のいる子どもに十分な指導をするため、どのクラスも複数担任です。3才児はひとりひとりが安定できる集団の大きさを考え1クラスの人数が約18名の3クラス、4才児、5才児は約30名の2クラスです。


【保育内容】

当園の保育活動や行事の一つ一つが、子どもの発達をしっかりととらえながら、経験を豊かにし、創造性を発展させるものです。友だちとたっぷり遊ぶ中で、健やかな身体づくりと人間性を育み、自然との触れ合いの中から、生まれて変化するものへの感動、驚きを体験し、心の豊かさが耕されることを願っています。


【保育活動】

◎泥んこ遊び ◎リズム運動 ◎製作・造型・描画活動 ◎園外保育・お散歩 
◎身近な小動物の飼育や農園での野菜づくり ◎お料理ごっこ ◎掃除活動


【保育時間】

◆ 月・火・木・金曜日     
 午後保育 ・・・14:30降園  【2013年度より変更になりました】 
◆ 水曜日     
 午前保育 ・・・12:00降園   

※ 降園時間は学年によって異なります。
※ 土、日曜日はお休みです。
※ 午後保育の日は15:30まで園庭開放をしています。

今まで舞鶴幼稚園の保育は短い時間で中身の濃い保育が展開されてきました。
家庭では経験できないワクワクドキドキのダイナミックな活動や、大事にしている手作りの教材、準備から活動、片づけまで教師達は時間をかけて取り組んできました。今後は保育の内容を変えずにゆっくりと過ごす時間を長めにしていくことになります。幼稚園ではたっぷり遊び、降園後は家庭で十分に休息して疲れをとり、毎日元気に登園してほしいと願っています。


【舞鶴幼稚園の歴史】

舞鶴幼稚園は1913(大正2)年に創立された福岡市内では最も古いキリスト教主義の幼稚園です。


1913年  南部バプテスト宣教師ミセス・ミルズが舞鶴幼稚園開園(福岡市荒戸町)
1940年  西南保姆学院(現西南学院大学人間科学部児童教育学科)の実習園となる
1950年  学校法人西南学院の組織内へ
1951年  現在の鳥飼の校地に移転
2002年  新園舎完成
2010年  定員160人、卒園者5,159人 (2013年3月末現在)

イベントニュース

■2017.04.01
毎週月曜日園庭開放・お部屋開放をしています。未就園のお友だち、どうぞ遊びに来てください。

image

ページの先頭に戻る


西南学院舞鶴幼稚園 〒810-0053 福岡市中央区鳥飼1丁目6-1 TEL:092-751-6650 FAX:092-751-4350

このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。

ホームページ上のイラストは元園長尾崎恵子先生がお描きになったものです。