2011年3月12日…福島第一原発事故の取材現場に駆けつけた
二人のフォトジャーナリストは、いち早く撮影を開始。
以来、2013年4月まで、その土地の人々とともに過ごした日々を
記録し続けた。
絶望の淵からの試行錯誤、もがきの中で気づいた家族、仲間、
奪われた故郷への思い、そして見えてきた本当に守るべきもの
の存在…3年にわたり記録された250時間の映像が、3.11後の
今を生きる私たちに問いかけるものとは――

福島を描いたドキュメンタリー映画『遺言 原発さえなければ』
の監督・豊田直巳氏による舞台挨拶付き上映と、トークイベント
「福島を生きる人々」を以下の要領で開催いたします。
是非お越しください。

<舞台挨拶付き上映>
日 時:4月12日(土)・13日(日)
    10:00~(本編上映/225分/途中休憩あり)
    本編上映後、舞台挨拶
    ※2日間の限定上映です。
上 映:『遺言 原発さえなければ』
料 金:各回通常料金 ※招待券使用不可
会 場:KBCシネマ
ゲスト:豊田直巳監督

<トークイベント>福島を生きる人々
日 時:4月12日(土)15:30~
料 金:学生500円(1ドリンク付き)
    一般1000円(1ドリンク付き)
ゲスト:豊田直巳監督
会 場:art space tetra(福岡県福岡市博多区須崎町2-15)


主 催:西南学院大学&RKB毎日放送 
    共同研究「TVドキュメンタリスト木村栄文の軌跡」
問合せ:田村元彦(法学部)mtamura@seinan-gu.ac.jp