学生、教職員のみなさま

建築家伊東豊雄氏をお招きし、講演「あの日からの建築」を開催します。
事前申し込み不要、入場無料です。一般市民の方の参加も歓迎いたします。

  ≪ポスト3・11のアートや建築、そしてこれからの社会のあり方を考える、
荒川修作追悼上映&シンポ「人間は死なない―「天命反転」、その軌跡と奇跡―」
(11年7月)、杉本博司トークシンポ「アートの起源(はじまり)」(12年8月)
に続く学内GP「ことばの力養成講座」連続企画≫

講演:「あの日からの建築」
講師:伊東 豊雄(建築家)

日時:2013年1月19日(土)16時開始 18時終了予定  
   ※入場無料、事前申し込み不要
     終了後にサイン会を予定
場所:西南学院バプテスト教会 教会堂 地図:http://seinan-bap.jp/map/
    福岡市早良区西新7-5-35(西南学院大学 大学チャペル近く)
    *駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください。

1941年生まれ。1965年東京大学工学部建築学科卒業。
近作に「多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)」、「2009高雄ワールドゲームズ
メインスタジアム(台湾)」などがある。現在、「みんなの森 ぎふメディアコスモス
(岐阜市)」、「台中メトロポリタンオペラハウス(台湾)」などのプロジェクトが進行中。
日本建築学会賞作品賞、ヴェネチィア・ビエンナーレ「金獅子賞」、王立英国建築家
協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダルなど受賞。東日本大震災では代表作の一つである
「せんだいメディアテーク」が被災し、その復旧に携わったことをきっかけに、各地の
復興活動に精力的に取り組んでいる。仮設住宅における住民の憩いの場として提案した
「みんなの家」は、これまでに宮城県仙台市、岩手県釜石市、陸前高田市に完成し、
現在東松島市や岩沼市でも計画が進んでいる。
2011年に私塾「伊東建築塾」を設立。若く優れた建築家の育成を目指す養成講座や、
国内初の試みとなる児童対象の継続的な建築スクールである「子ども建築塾」など、
建築と社会のつながりを深める活動を行っている。

 参考文献)伊東豊雄『あの日からの建築』(集英社新書)
     伊東豊雄・中沢新一『建築の大転換』(筑摩書房)

主催:西南学院大学 学内GP「ことばの力」養成講座
    田村 元彦 mtamura@seinan-gu.ac.jp

チラシはこちら