OPEN

機構ニュース

機構ニュース

2020.11.26

【教育C】KARDIANOIA模擬入管 講演会、難民・入管体験シミュレーションのご案内

『日本で苦しむ外国人の存在をあなたはどれだけ知っていますか?~九州で国境のはざまに置かれる人々に寄り添う~』

 KARDIANOIA模擬入管は、「国際の狭間に置かれた人々に寄り添う心と知」を学ぶ国際法教育プロジェクト・KARDIANOIA(https://www.seinan-kardianoia.com/)の一環として、入国管理施設に収容されている人々に寄り添う活動を行なっています。その活動の成果として、移民・難民保護に従事されている行政書士・弁護士・国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)元職員の方をお招きする講演会と、難民が経験する状況を擬似体験するシミュレーションを実施します。

 

<講演会>

テーマ:入管・難民問題
日時:2020年12月5日(土)18:00~19:30
場所:ZOOMでのオンライン開催
申込期限:11月23日(月)~12月2日(水) 

講師の先生
竹内 正宣 行政書士
入国者収容所の面会ボランティアとして被収容者に寄り添う活動に献身されています。

 稲森 幸一 弁護士
福岡難民弁護団に所属されており、日本弁護士連合会国際人権委員会の事務局長としてご活躍されています。

<難民・入管体験シミュレーション>
日時:12月12日(土) ~ 12月13日(日)6回開催(ご希望の時間をご連絡ください。)
場所:ZOOMでのオンライン開催
申込期限:11月23日(月)~12月8日(火)※締め切り厳守でお願いいたします。

概要:
UNHCR 国連難民高等弁務官事務所が開発した、戦争や迫害から逃れ、避難生活を余儀なくされる人々が直面する様々な問題を疑似体験するプログラム「Passage(難民体験シミュレーション)に入管体験シミュレーションを併合した本団体独自のプログラムです。

過去に実施したPassage の様子はこちらをご参照ください。

※本年度はZOOMでの開催となりますのでオンライン用に仕様が変更されます。


<シミュレーション後講演会>

日時:12月13日(日)17:30~
場所:ZOOMでのオンライン開催
申込期限:11月23日(月)~12月8日(火) 

講師の先生:
小宮 理奈 研究員(笹川平和財団)
UNICEFウガンダ事務所や国内外のNGOを経て、UNHCRカスル事務所(タンザニア)、アンマン事務所(ヨルダン)、ダッカ事務所(バングラデシュ)にて准保護官として難民保護に従事。
2020年9月より笹川平和財団に研究員として在籍。

シミュレーションや別日の講演会に参加しない方も参加可能です。時間の許される方はぜひご参加ください。

 

【ご参加にあたってのお願い】
・講演会、シミュレーションはご希望のものだけ、あるいはすべてのご参加も可能です。ただし、体験シミュレーションは1回のみでのご参加をお願いいたします。(体験シミュレーションの内容はいずれも同じ内容です。)

 ・今後確認やZOOMのURL送信等でご連絡することが複数回ございます。連絡手段としてメールと本活動公式LINEの2つからお選びいただけます。
 LINEでの連絡をご希望される場合、Googleフォームでの応募の前に添付QRコードより登録をお願いいたします。また、登録された後はご氏名・学校名・参加する活動・LINEでの連絡を希望する旨をご連絡ください。

・何かご質問等ございましたら公式LINE、もしくはメール(kardianoia.nyukan2020@gmail.com)までご相談ください。

本活動は西南学院大学教育支援プログラム(C)”Seinan Millennial Project”として支援を受けています。

【添付ファイル】
KARDIANOIA模擬入管LINE QRコード・申し込みフォーム案内