OPEN

外国語学科

サブ画像

世界の多様性を外国語で学び、
国際社会の最前線で活躍できる人材を育成。

 外国語学科は、実践的な外国語運用能力と専門知識の養成を教育の目的としています。そのための学びとして、「 英語研究科目群 」「 フランス語研究科目群 」「 グローバルコミュニケーションスタディーズ科目群 」の 3 つの科目群を設けています。まず 1 年次では、本学科の学びの基礎となる英語・フランス語を集中的に磨きます。2 年次は外国語のスキルアップと、3 つの科目群の基礎を学びます。3 年次からは中心として学ぶ科目群を選択し、専門知識を深めていきます。また、科目群を超えて横断的に学ぶこともでき、興味や関心の幅を広げていくことも可能です。最終学年の 4 年次では3 年次の学びを発展させて専門性を高めます。こうした学びに加え、外国語学科では独自の海外学修プログラムも展開。実践と体験による学びをサポートしています。「外国語を学ぶ」にとどまらず、その先の、外国語で考えて世界と対話できる力を身に付けてください。

こんな人に学んでほしい

外国語分野に対する強い興味と関心を持ち、高い学修意欲を有している者。
こんな人に学んでほしい_1
高等学校で履修した主要科目について、基本的知識が定着している者。
こんな人に学んでほしい_2
自分の考えを口頭や文章により適切に表現し、的確に伝えることができる者。
こんな人に学んでほしい_3
多様な言語・文化・価値観を有する人々と協働して自主的に学ぶことができる者。
こんな人に学んでほしい_4
身に付けられる力

身に付けられる力_1
外国語学への学問体系を理解した上で、さらに資質を向上させる学修態度。
身に付けられる力_2
複合領域にわたって積極的にコミュニケーションを図ろうとする行動力。
身に付けられる力_3
言語の背景にある多様な文化や社会に対する広い知識。
身に付けられる力_4
事実に対し多様な観点から考察し、議論を行うことのできる言語運用能力。
身に付けられる力_5
専門的知識を活用し、自ら課題を解決することのできる創造性。
ZOOM IN カリキュラム

異文化理解(英語研究科目群)

グローバル社会を生きていく上で「 異文化 」との接触は日常的なものであり、異文化への理解は必要不可欠です。この科目では、「 言葉 」「 コミュニケーション 」が文化の形成や発展にもたらす影響を学び、異文化理解に必要な能力と国際感覚を養います。

フランス語圏文化研究(フランス語研究科目群)

フランス語圏の代表的な文学作品を通して、フランス語の表現の特徴や多様性を学び、フランス語の語彙力と表現力の向上を図ります。また、文学テキストの読解、分析、ディスカッションを行い、フランス語の運用能力を伸ばします。

Global Issues(グローバルコミュニケーションスタディーズ科目群)

「グローバル・イシュー」とは、地球規模での解決が必要とされる課題のことです。この授業では、社会学・表象文化・平和学・メディア・政治経済学の各トピックについて学び、それぞれの学問領域の視点からグローバル・イシューを解決するために必要な知識を身に付け、国際問題への理解を深めます。

学科個別サイト

学科の詳しい情報は、学科個別サイトをご覧ください。

「学科個別サイト」写真(スマホ用)
「学科個別サイト」写真
取得資格・進路

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種(英語)
  • 高等学校教諭一種(英語)(フランス語)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 卒業後の進路

    主な就職先としては、商社、金融、小売、旅行・交通・観光関連、メーカー、教育関連業界、中学校・高校の英語教員、フランス語教員、各種公務員などが望めます。国内外の大学院にも進学可能で、本学大学院に進学する場合は、要件を満たした上で、3 年の在学で卒業を認める早期卒業制度もあります。