OPEN

2021.07.21

「西南学院大学新型コロナウイルス感染症拡大防止のための行動指針」に基づく 感染拡大警戒レベルⅡ(再発警戒期)への変更について

2021年7月21日

学生・教職員、大学関係者 各位

新型コロナウイルス感染症対策本部長

G.W. バークレー

 

「西南学院大学新型コロナウイルス感染症拡大防止のための行動指針」に基づく

感染拡大警戒レベルⅡ(再発警戒期)への変更について

 

 今月5日に本学が定める感染拡大警戒レベルを「レベルⅡ(経過観察期)」に変更して以降、対策本部においてその後の感染拡大状況等の観察を行ってきました。ご承知のとおり、福岡県においては、感染者数の増加傾向がみられ、学内においても一時期の感染者なしの状況から感染者や濃厚接触者が確認される状況に変わりつつあります。このような状況を踏まえ、対策本部で協議を行った結果、今月22日より本学が定める感染拡大警戒レベルを「レベルⅡ(再発警戒期)」に変更することに致しました。今回の変更は、レベルは同じⅡですが、経過を観察する段階から再発を警戒する段階に移行したという判断によるものです。

 今回の変更に伴い、制限の内容に変更はございません。しかし、いま一度、感染対策の再徹底を行う状況にあると考えております。

 具体的には、徹底した手洗いの励行、マスクの着用、3密(密閉・密集・密接)の回避等のコロナ禍における一般的なセルフケアのみならず、日に日に暑さが増してくる状況ではありますが、空調を入れた室内においても常時換気を実施する等(※1)、感染拡大の抑制に向けた対策の再徹底にご留意いただき、気を緩めることなくご対応くださいますようお願いします。

 特に、警戒レベルの引き下げ以降、学内でのグループや友人との会食等を起因とした感染が報告されている状況を踏まえ、課外活動等においても、活動時の感染対策の徹底はもちろん、飲酒を伴う多人数での会食等については、自粛していただきますよう強く要望いたします。

 感染拡大防止のためには、大学に関わる皆様のご協力が不可欠となります。格段のご理解とご協力をお願いいたします。

(※1)熱中症予防の観点から、空調を入れた状態での常時換気が難しい場合は、少なくとも30分に1回を目安に換気の実施をお願いします。

レベルについて

2021年7月22日より「レベルⅡ(再発警戒期)」とする。

(1)  授業 対面授業を基本とし、受講人数等により遠隔授業も行う。

(2)  学生 感染防止対策を十分に施した上で、学内施設への入館を認める。

(3)  教員 感染防止対策を十分に施した上で学内での勤務を認める。

(4)  職員 時差出勤等の就業配慮制度を運用した上で、通常勤務を要請する。

(5)  学外者の訪問 感染対策を十分に施している者に限り、認める。

以上

問い合わせ先:総務課(TEL 092-823-3201)

(別添)「行動指針」