OPEN

職員インタビュー

メインビジュアル

HAMANO JYUNYA 濵野 純也 教育・研究推進課 副課長

2009年4月 既卒採用

職員インタビュー写真1

職員インタビュー写真2

学生とともに成長する

現在の職務内容と職場の雰囲気について教えてください

 教育・研究推進課の主な業務は、文字通り、教育と研究の推進です。充実した教育のために、教員と職員が協働し、制度の構築・整備と支援を行います。また、研究についても同様に制度の構築・整備と支援を行います。
 私の主な業務は、法律で大学が受審することが義務付けられている認証評価における教育研究に関する部分の対応です。具体的には一定の基準に基づき、大学としての教育の質を保証することを目的とした取り組みを実施するための方針や制度等の整備、運営をすることです。また、学内資金による研究制度を整備し、研究の支援を行うことや外部の研究資金を獲得することにより、研究者の業績や研究成果をさらに推進し、教員(研究者)を支援する役割もあります。
 現在、当課には6名の職員が在籍しており、業務内容を共有し、協力して取り組んでいます。幅広い業務を担当している部署ですが、部署内で意見交換をしやすいので、全員で仕事を進めているという雰囲気です。

事務局職員の仕事の魅力は何ですか?

 事務局職員の仕事といっても、いろいろな仕事があり、部署が変われば、一から仕事を覚える必要があります。複数の部署に在籍しましたが、現在の部署でも当然、一から仕事を覚える必要がありましたし、部署によって接する相手も変わりますので、名前や顔を覚える必要もありました。部署異動により、新たな人や仕事、世界に触れる機会があり、多くのことを経験し、学ぶ機会があることは魅力のひとつです。
 また、大小さまざまな仕事がありますが、私達が取り組んでいるひとつひとつの仕事が「学生のために」なっていると信じていますし、仕事の中で「人(学生)」の成長を垣間見ることができることがこの仕事の魅力だと思っています。

今後のビジョンを教えてください。

 教育機関に勤務する者として、また、ひとりの社会人として、学生が社会で必要とされる人材となるためにサポートすると同時に、私自身も共に成長したいと考えています。私が考える教育は、一方的に教えることではなく、人が学んでいくことをサポートしたり、道筋を示したりすることと捉えています。そのために、時には悩み考え、直接的・間接的に人を動かしていき、当然、私自身も成長したいと考えています。
 現在の部署であれば、教育と研究の支援や推進業務を行っていますが、制度や仕組みを作り、運営する間接的なことだけでなく、直接的に学生等に関わる場面もあります。また、大学は社会に出る直前の段階ですので、ただ単に学生が成長するだけではなく、社会に出るための力を身に付ける段階でもあります。そこで持っておくべき知識や能力、態度を養うために学生に影響を与えられる職員であり、それにより私自身も成長したいと考えています。

皆さんへのメッセージ

 民間企業から転職した私が、前職との違いとして入職後すぐに感じたのは、業務において物事を慎重かつ確実に進めるということです。そのためには、調整や折衝が重要であり、現在の業務において大きなウエイトを占めます。決して華やかな業務ではないかもしれませんが、教育機関において、より良い人材育成をするという非常に重要な業務を担っているということには変わりはありませんので、そのフィールドでどう輝けるかが重要であると思います。
 また、教育機関で働くこと、大学で働くこと、西南学院で働くことが自分のライフプランにどう繋がるのかを考えて、私は転職を決意しました。
 就職活動においては、自分がライフプランで本質的に何を求めているのかを確認し、公私共に目標や目的を達成できることも重要であると思います。皆さんにとって、それが実現できるフィールドが本学院であれば幸いです。

一覧へもどる

職員インタビュー写真1

職員インタビュー写真2