OPEN

社会福祉学科

サブ画像

人間としての生き方とは?

AI技術が発展を遂げ、
日常生活に身近なものとなりつつある。
AIと人間の共存が謳われる今だからこそ
“人間そのもの ”を知ることが求められている。
人間同士だから理解できること、違いを感じることもある。
違いを受け入れて
今までにない道を模索することもできる。
人の探究は、新しい可能性に満ちている。

人間としての生き方とは?

学びのフィールド
人間科学部を構成する3つの学科

学びのフィールド写真
Professor’s Voice

社会福祉学を学ぶ理由

学科の特色

専門知識を深く学べる少人数教育
学科の特色_1
実践力を身に付ける充実の現場実習
学科の特色_2
一人ひとりの目標に応じたカリキュラムで資格取得、進路を支援
学科の特色_3

社会福祉士が実際に働く現場を体験

「ソーシャルワーク実習」では、病院や施設、社会福祉協議会など、社会福祉士が実際に働く現場で仕事内容を学びます。実習の準備を2年次から始め、本格的な実習は3~4年次に実施。現代社会において社会福祉士に求められるニーズを肌で感じ、新たな気付きを得るきっかけを生み出します。

幅広い学びで進路の選択肢が広がる

卒業生は福祉事務所や児童相談所など行政職、病院の医療ソーシャルワーカー、社会福祉協議会のコミュニティワーカー、また福祉の専門性を生かして一般企業など幅広い職場で活躍しています。

学科の領域

学科の領域
キリスト教教育に基づく幅広い教養と豊かな人間性をもち、多様化する社会福祉の問題を解決へと導く力を養成。福祉や医療、教育など幅広い領域において活躍できる福祉のプロを育てます。
身に付けられる力

身に付けられる力_1
社会福祉の基本的な概念や理論をもとに、人々の生活上の問題を理解できる力
身に付けられる力_2
人と向き合い、人と社会を支えるために知識を適切な判断のもと活用する力
身に付けられる力_3
社会的支援が必要な問題に対して、主体的、創造的、協同的に取り組む力
身に付けられる力_4
学問の価値、原理、真理について自律的に探求する力
4年間の学びのステップ

人と社会にアプローチし、一人ひとりの幸せな生活を実現することができるための4つの力を「講義」「演習」「実習」によって獲得する。そして、社会福祉の理論を「理解する」だけではなく、社会福祉の実践場面で「行動する」ことができる力を身に付ける。

1年次
基礎

1年次では主に社会福祉の基盤となる知識と技能について学びます。そして、人と社会を結びつけ、人々の生活上の問題を理解することができるための力を身に付けます。

2年次
応用

2年次では主に人間の尊厳の価値を踏まえて社会福祉の学びの対象となる人と向き合い、人と社会を支えるための思考方法や、現実のものとして活用できるように判断することができる力を身に付けます。

3年次|4年次
発展

3年次と4年次では主に社会的な支援が必要な問題を発見し、修得した能力を主体的・創造的に活用して、さまざまな人たちと協働しながら解決に向けて取り組むことができる力や社会福祉の価値、原理、真理について自律的に探求することができる力を身に付けます。

ZOOM IN カリキュラム

医療福祉論

 医療福祉論では、保健医療の制度やサービス提供の仕組みについて日本社会の状況と関連付けながら学びます。また、病気やケガの発生~治療後における患者・家族の生活がどのようなものかを考え、保健医療ソーシャルワーカーの役割や他職種との連携について理解を深めます。

精神保健福祉の原理Ⅰ・Ⅱ

 精神保健福祉は精神保健・医療と精神障害者福祉を一体的に捉えた用語で、本講義では精神保健福祉における理念、視点や関係性等の基礎的な枠組みを学びます。また、アクティブラーニングを取り入れ、精神障害者の基本的人権の保障と社会正義の実現を担う専門職として精神保健福祉士の存在意義や役割について考えていきます。

学科PICK UP(ゼミの学び)

「ゼミの学びTOPIC」画像

ゼミテーマ困難に寄り添い支える障害者福祉
倉光 晃子准教授

 「障がい」は病気や事故等予期せぬ事に伴って生じ得る実は身近なもの、しかし社会環境によって障がいの在り方は変えられるものです。障がいによって生じる社会生活上の困難を捉え、どうすれば豊かな生活を実現できるのか。本ゼミでは多様な障がい種による 社会生活上の問題に関して、論文講読、フィールドワーク等で関心のあるテーマを研究し、プレゼンテーションを行い、障害者福祉の理解を深め、課題発見や解決能力を培います。

学科個別サイト

学科の詳しい情報は、学科個別サイトをご覧ください。

「学科個別サイト」写真(スマホ用)
「学科個別サイト」写真
関連情報
取得資格・進路

取得できる資格・免許

  • 社会福祉士の国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士の国家試験受験資格
    (学科内選抜あり。定員20名)
  • 保育士
  • 高等学校教諭一種(公民・福祉)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 卒業後の進路

     本学科の卒業生は福祉の職場だけではなく、行政( 国・地方自治体)、医療機関、社会福祉協議会、教育機関など幅広い現場で専門職に就いています。また、社会福祉の専門性が評価されて、銀行、保険会社、住宅・建築会社など一般企業でも活躍しています。大学院に進学する学生もいます。