OPEN

経済学科

サブ画像

活力ある社会の姿とは?

2020年より「行動の10年」と打ち出し、
取り組みのさらなる加速が呼びかけられたSDGs。
先進国、途上国すべての国を対象として
誰一人取り残さない社会の実現が求められている中で
欠かせない側面の一つが経済活動である。
今よりも一歩踏み込んで
私たちの暮らしに寄り添ってみる。
社会の営み、国際関係に目を向けてみる。
その“一歩”が
世界を動かす原動力となるだろう。

活力ある社会の姿とは?

学びのフィールド
経済学部を構成する2つの学科

学びのフィールド写真
Professor’s Voice

経済学を学ぶ理由

学科の特色

現実の社会問題にふれ、経済学の“今”を知る学び
学科の特色_1
充実の語学教育でコミュニケーション力を高める
学科の特色_2
論理的思考力と問題処理能力を鍛えるカリキュラム
学科の特色_3

学生の成長を促すチューター制度(向学相談)

学生をチューターとして雇用し、新入生の学修サポートを行っています。新入生は先輩から研究を進めるうえでのテクニックなどを教わり、チューターは教えることを通じて、伝える力の向上を図ることができます。

語学教育の充実

経済学科では英語を中心とした語学教育も充実。語学力はもちろん、コミュニケーション能力も高めることで国際ビジネスの第一線で活躍できる人材を育成します。

学科の領域

学科の領域
現代活動の変動を的確に捉えて、そこに潜む社会問題に目を向け、自分なりの解決策を見出す力を養成。また、グローバル化の進展にも対応できるよう、外国語によるコミュニケーション能力も磨きます。
身に付けられる力

身に付けられる力_1
経済学の基礎知識・特有の思考法を土台とした、現代社会を生き抜く能力
身に付けられる力_2
自ら課題を発見し、その解決に向けて主体的に取り組む力
身に付けられる力_3
社会の変動を正確に捉え、積極的に参画する能力
身に付けられる力_4
日本と地域社会を中心とした経済の仕組みに対する理解力
身に付けられる力_5
経済社会問題に対する実践的解決法を見出す能力
4年間の学びのステップ

1年次
基礎

大学での学修スキルと経済学の基礎を学び、専門的な経済学への準備を行う。

大学での学びの基礎となる少人数ゼミ、経済学の入門についての必修2科目に加え、ミクロ、マクロ、数学、歴史、海外事情、経済関係の英語などを選択して学びます。まちづくり、データ分析についての実践科目も配置しています。

2年次
応用

より実用的な研究・発表能力を身に付けて、経済学をより広い視野で学ぶ。

ミクロ、マクロの発展的内容に加えて、歴史、政策、統計、海外事情、経済の英語などについて発展的内容を選択して学びます。基礎的な少人数ゼミも継続しながら、データ分析、金融・ファイナンスについての実践科目を配置します。

3年次|4年次
発展

専門的な研究を行い、現実経済の諸側面について理解を深め、応用力を身に付ける。

専門のゼミに分かれて本格的な専門性を身に付けます。金融、労働、政策、統計、歴史、制度、海外事情などをめぐるより専門的な科目を中心に、現実的な理解を深め、総まとめとして卒業論文の作成を行います。

ZOOM IN カリキュラム

証券投資論

 銀行・証券会社・保険会社などの金融機関がどのような仕事を行い証券市場で活動しているかを、実務における具体例や分析例を通して理解を深めます。証券投資やファイナンスに関する演習を行い、金融知識、Excelによるデータ分析の方法、分析モデルなど、社会に出てから即戦力となるための知識やスキルを学びます。

財政学

 財政学とは、政府の経済活動を対象とする学問です。「医療・年金の改革」、「地方創生」、「財政健全化」など、我が国が抱える重要な政策課題はいずれも財政学の分析対象です。財政学では、我が国の財政の現状・制度と財政理論への理解を通じて、現実の制度、政策をどう設計し、評価すべきかを学びます。

学科PICK UP(ゼミの学び)

「ゼミの学びTOPIC」画像

ゼミテーマどうして経済思想は日常の役に立つのか
江里口 拓教授

 「経済学を人生の豊かさに結びつけるにはどうすればいいのか?」が本ゼミの研究テーマです。経済をめぐるあらゆる思考・思想から、学生は自由に題材を選び、掘り下げ、研究成果を発表。自分の研究テーマへの理解を深めると同時に、身に付けた知識や考えをアウトプットする力やディベートスキルを養成します。知的なコミュニケーション能力の修得は、社会の中で他者と自分を尊重して生きる力につながるでしょう。

学科個別サイト

学科の詳しい情報は、学科個別サイトをご覧ください。

「学科個別サイト」写真(スマホ用)
「学科個別サイト」写真
関連情報
取得資格・進路

取得できる資格・免許

  • 中学校教諭一種(社会)
  • 高等学校教諭一種(地理歴史・公民)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員
  • 卒業後の進路

     経済学はどんな分野にも関連し、就職の上でも強みとなります。卒業生には金融、保険、卸・小売、製造関係への就職が多く、そのほか、製薬・放送・自動車ディーラー・農協・通信・新聞・運輸・出版など幅広い分野で活躍しています。一方で、公務員、教員、税理士、公認会計士を目指す学生も多く、大学の授業と並行して受験勉強に日々励んでいます。