OPEN

機構ニュース

機構ニュース

2021.10.15

【KARDIANOIA模擬入管 難民申請・入管面談シミュレーションの案内】国境の狭間に置かれた人々に目を向けて見ませんか?~難民の思いに寄り添うために~

各位

 KARDIANOIA模擬入管は、「国際の狭間に置かれた人々に寄り添う心と知」を学ぶ国際法教育プロジェクト・KARDIANOIA(https://www.seinan-kardianoia.com/)の一環として、入国管理施設に収容されている人々に寄り添う活動を行っています。その活動の成果として、難民が経験する状況を疑似体験するシミュレーションを実施します。国境の狭間に置かれた人の思いに寄り添うために、私たちと考えてみませんか?

【日時】11月3日(水・祝)
午前の部 10:00~11:35
午後の部 14:00~15:35
※午前の部、午後の部よりご希望の時間帯を選んでください。

【場所】ZOOMオンラインでの開催

【申込期間】10月15日(金)~10月29日(金)

【内容】
①難民申請シミュレーション・・・戦争や迫害から逃れてきた人々が、難民申請をする場面のシミュレーションです。彼らの直面する問題を知り、その背景に何があるのかを考えてみましょう。
②入管面談シミュレーション・・・難民申請が通らなかった際の入国管理施設での暮らしの疑似体験です。学生自ら被収容者役を演じ、入管訪問者と被収容者との面談を再現します。入管内部の状況や被収容者とのやり取りを通して、彼らの思いを聴いてください。

【ご参加にあたってのお願い】
・午前の部、午後の部のどちらかのみでのご参加をお願い致します(いずれの部であっても同じ内容です)。
・今後、ZOOMのURL送信等でご連絡することが複数回ございます。連絡手段としてメールを使用しますので、メールボックスのご確認をお願い致します。

【申込方法】
下記のGmailアドレスに、件名を「シミュレーション申込」とし、空メールの送信をお願い致します。
後ほど、予約用Googleフォームを送信致しますので、そこから予約をお願い致します。
Gmailアドレス:kardianoia.nyukan2021@gmail.com

 
*今回、シミュレーションの実施にあたり、小宮理奈さんに監修をしていただきました。

【小宮理奈さん】
国際連合児童基金(UNICEF)ウガンダ事務所や国内外のNGOを経て、国連難民高等弁護事務所(UNCHR)のタンザニア・カスル事務所、ヨルダン・アンマン事務所、バングラデシュ・ダッカ事務所にて、準保護管として難民保護に従事。

添付のポスターもご覧ください。ポスターは、こちら

KARDIANOIAは、2021年度"Seinan Millennial Project"に採択され、教育・研究推進機構が支援しています。