西南学院大学人間科学部社会福祉学科
  トップへ 教育理念へ 学科の特色へ カリキュラムへ 教員紹介へ ゼミの紹介へ 先輩の声へ 卒業後の進路へ  
トップイメージ お問い合せへ
先輩の声
いろんな人に出会い、新たな環境の中で自分の視野を広げていく
原口 亜樹さん写真
人間科学部社会福祉学科3年(08期生)/熊本県・玉名高等学校出身
原口 亜樹さん
社会福祉学科では、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験の受験資格を取得できます。大学では、先生によって考え方が違うので、いろいろな考え方に触れることができます。そこで自分はどう考えるのかが、高校までとは異なっている点であると思います。自分にアンテナを立てていろいろなことに関心を持ち、自分の感じたことを友達や家族と話してみることで、自分にはなかった見方に触れることができると思います。個人的には、障がい者の方の外出のサポートをするガイドヘルパーのアルバイトを4年次までやっていこうと考えています。大学では、ボランティア活動なども斡旋してくれるので、いろいろなことにチャレンジ出来る環境が整っていると思います。将来は、大学で学んだことを活かせる仕事に就きたいと考えています。
私の受験を振り返って
試験問題はとても癖があるので、その癖に慣れるために過去問題を出来るだけたくさん解くように心がけました。特に私は、みんなが解ける基本的な問題でのうっかリミスをなくすようにして、点数が取れなかった時ほど、復習に力をいれ、次は絶対間違わないぞ!という思いで問題を解いていました。あと、受験は体力勝負なので、体調管理には気をつけて頑張ってください。
実習で、サークルで、個人的な活動で 福祉の世界をとことん追求しました
谷村 さやかさん写真
文学部社会福祉学科2005年卒業(05期生) /福岡県・中村学園女子高等学校出身
社会福祉法人 柚の木福祉会 あゆみのもり須恵
谷村 さやかさん
両親がクリスチャンで、小さい頃から大学のコンサートなどによく行っていたので、西南学院大学はとても身近な存在でした。美しいキャンパスに居ると、とても心が落ち着きます。
この春卒業して、施設で知的障がい者の方々が社会で働いていくための支援をしていますが、大学4年間で学んだこと、経験したことが基礎になっていると感じています。実習の一環として、夏休みの1ヵ月障がい者フレンドホームで実習を体験。サークルでは「ワークキャンプ」というボランティアサークルに所属し、支援活動を通して障がい者の方々と家族ぐるみでお付き合いをすることができました。まるでもう一つの家族ができたみたいに。また個人的に、ホームヘルパーやボランティア、福祉施設でのアルバイトも経験し、先生方にも随分お世話になりました。本当に、実りある4年間でした。
私の就職活動を振り返って
福祉の分野では、いろんな施設ボランティアや見学という形で内部に入っていけるのが良いところ。自分の足で歩いて、積極的に情報収集すると良いと思います。私は施設で働いている方や利用者の方々に直接話を聞いて、活動にも参加しながら就職先を探していきました。
ページトップへ戻る
福祉の資格を目指して住みやすい社会に貢献します
波名城 翔さん写真
文学部社会福祉学科2006年3月卒業(06期生)
波名城 翔さん
私の兄が本学に在籍しており、大学の話を聞き、自分自身で大学の環境や設備、カリキュラムを調べて興味を持ち志望を決意しました。
社会福祉学科を選んだのは、高校生の時さまざまなメディアで障害者について見聞きするうちに、精神保健福祉士として精神障害の方々をサポートしていきたいと考えたからです。 今は福祉の知識を深めるため、ホームヘルパー2級の資格を取得し、障害者のボランティアキャンプや老人ホームの手伝いに参加しています。将来は社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格を取得して、ふるさとの宮古で精神障害のある方々のために働きたいと思っています。
私の受験はこうでした
私の場合は指定校制推薦入試で受験したのですが、試験の時に自分の考えを旨く表現する訓練をしました。また、福祉関係の施設を訪問したことが結果的に合格につながったと思います。受験を希望するのであれば、いろいろな周りの人の意見を聞き(特に自分より年齢が上の方がいいと思います)、自分の将来をしっかり考えて受験をすることが必要だと思います。
ページトップへ戻る
野口ゼミで学ぶ先輩から、メッセージ
周藤智志さん写真
文学部社会福祉学科2005年3月卒業(05期生)
周藤智志さん
この演習では、自分たちが行なってきた社会福祉現場実習の話を、自分たちの体験を交えながら話し合っていきます。それぞれが実習に行ってきた約一ヶ月間の中での体験談は、聞いていると色々なエピソードがあって楽しいものです。
私たちの演習のメンバーは知的障害をもつ方の施設に行って学んできました。
みなさんは障害ときくと難しいとか大変そうだとか思うでしょうが、普段、人を接する際に相手の人はどう思っているか悩むことと同じで、障害のある方に対して悩むのも当然のことだと思います。
その中で、どう接していけばよりよい方向に行くのかを演習の中で考えています。野口先生が日頃からおっしゃっていることも、障害あるからという側面ではなく、その人個人の個性としてどうとらえていくかを考えていくことが大事だということです。演習は自分の価値観の広がる貴重な場だと思います。
ページトップへ戻る
社会福祉援助技術現場実習を振り返って
高津 晶子さん写真
文学部社会福祉学科2006年3月卒業(06期生)
高津 晶子さん
実習の最終日、利用者さんと撮った写真です。実習は始まる前も、最中も不安や失敗ばかりでした。
終わった今でも、この一月のことを思い返しては「もっとこうするんだった!」と思うことも多いです。
でも、この経験のおかげで人生変ったろうな、と思います。
4月からは福祉の就職目指して、勉強・就活、頑張ります。いい支援者になるぞー!
ページトップへ戻る
実習を通して見えてくるもの
文学部社会福祉学科2006年3月卒業(06期生)
堺 恵理子さん
うつ病で全てが悲しくてたまらない人、リストカットを繰り返す人、不登校の人、家から一歩も出ない人、お酒や薬を止めることができない人。。。
貴方はこの人達を「精神的に弱いだけじゃないの!?」の一言で片付けてしまいますか。
彼らが日常生活を送っていく上で直面する様々な問題や気持ちに触れ、サポートしてみたいとは思いませんか。
私は大学で、彼らの生活面での社会復帰の支援について学んでいきます。今年の夏には精神科の病院へ実習にも行きます。人の気持ちを理解しようとすることで見えてくるものが沢山あることに気付かされる毎日です。
ページトップへ戻る
     
山本 聡一郎さん写真
 
文学部社会福祉学科4年
2005年3月卒業(05期生)
山本 聡一郎さん
「のびっこの会」では月2回障害を持った子どもたちと一緒に遊んでいます。子どもと接する時は自分自身が心から楽しむことが大事。現在、社会福祉士の国家資格を目指して勉強中です。
 
藤崎 悦子さん写真
 
文学部社会福祉学科
2006年3月卒業(06期生)
藤崎 悦子さん
「のびっこの会」幹事。同じ志を持った仲間たちに支えられながら、部員64人のまとめ役をしています。子どもたちと一緒に遊ぶことで、子どもから教えられることも多いです。
     
荒巻 友美さん写真
 
文学部社会福祉学科
2006年3月卒業(06期生)
荒巻 友美さん
手話サークル「とびうめ」幹事
・設立―1991年
・活動人数―28人
・活動目的―挨拶や簡単な日常会話を表現する手話を勉強する
・活動内容―普段は手話の勉強を重ね、年に1度、イベントの手話通訳に参加
・モットー―楽しく手話を覚える
・活動を通して手ごたえや喜びを感じる瞬間―相手に自分の手話がきちんと伝わった時や、いろんな人が手話に興味を抱いてくれた時
・今後の目標―もっと手話でコミュニケーションを図れるようになる。小学校に教えに行くなど、学外でも手話を広める機械を増やす
・あなたにとってボランティアとは―さまざまな人と出会い、その中で自分のあり方やこれからについて考えることができ、成長できるもの
 
香川 里菜さん写真
 
文学部社会福祉学科
2007年3月卒業予定(07期生)
香川 里菜さん
サッカー部マネージャー。マネージャーは私ひとりなので水くみから洗濯まで何でもしています。10月末に九州大学サッカーリーグ2 部で優勝した時は本当に嬉しかったです。30人分のユニフォームをひとりで洗うのはちょっと大変だけど、来年春の1部昇格の試合に向けて頑張ります。
ページトップへ戻る
 
卒業後の進路
all right reserved copyright (c) Seinan gakuin University