西南学院大学人間科学部社会福祉学科
  トップへ 教育理念へ 学科の特色へ カリキュラムへ 教員紹介へ ゼミの紹介へ 先輩の声へ 卒業後の進路へ  
トップイメージ お問い合せへ
教員紹介
 
担当科目
社会福祉概論、社会保障論ほか
担当科目(大学院)
社会福祉学特論、人間科学演習
演習テーマ
人間のwell-beingの増進は社会全体の課題です。福祉はこの課題に正面から挑戦しているといえるでしょう。
人口減少・少子高齢社会にとどまらず、今後の予測困難な環境を視野に入れながら、わたしたちはどう支えあって生きていくのか、そこで求められる福祉の専門性とは何かを考えます。
各ゼミ生の最も関心のあるテーマを中心にゼミ学習を展開していきます。
演習内容
4年生でどう学ぶのか、4年生ならではの学びに挑戦する、最高にリッチな4年生だったと皆さんが自負できるような
最終学年をめざしていきましょう。
4年間西南学院大学社会福祉学科で学んだ学生であることを、社会で誇りに思うことができるよう成長してゆきましょう。
卒業論文について
卒業後、どのような分野に歩んでいかれるとしても、卒業論文を書くこと、
社会福祉士資格の取得は社会に出るにあたっての自己実現につながっていくところではないでしょうか。
学生への要望など
福祉のベースは実践です。社会への責任を意識した実践力が問われています。
体験学習等にエネルギーを注ぎたい人を歓迎します。

卒業論文に取り組むこと、社会福祉士資格の取得は社会に出るにあたっての自己実現につながっていくところではないでしょうか。
 
福祉のベースは実践です。社会への責任感に裏付けられた実践力が問われています。
体験学習等にエネルギーを注ぎたい人を歓迎します。
2005年度
卒業研究テーマ
・地域医療とソーシャルワーカー
・これからの福祉サービスを考える ─新たな「ホスピタリティ産業」としての位置づけ─
・環境問題と暮らし─地球環境のために我々ができること─
・社会福祉施設の質の向上と第三者評価─社会福祉施設でのISO9001認定取得について─
・結核─撲滅の日を目指してー
・日本における卸売業の現状について─流通事情が変わり、厳しさが増す中で─
・ドメスティック・バイオレンスに関する概況と加害男性の更生支援について
・認知症高齢者の求めるケア
・社会福祉協議会の現状と課題
・成年後見制度─身上監護アプローチと社会福祉士の役割─
・ドラッグの現状─機能不全家庭が未成年に与える影響─
・認知症の理解と求められるケア
2005年度
ゼミ論テーマ
・高齢者のターミナルケア
・福祉大国デンマークに学ぶ
・障害者自立支援法案(グランドデザイン案)を考える
 
教員紹介トップへ戻る
all right reserved copyright (c) Seinan gakuin University