教育理念

共生社会を創り出す専門家の養成

 社会が一層複雑化する中で、地域には様々な新しい問題が生じ、社会福祉の課題も従来とは変化してきています。このような状況で排除や格差のない共生社会を実現するための社会福祉士として活躍できる人材が期待されています。これまでの福祉、介護、医療分野の養成だけでなく、司法、教育、労働等の分野にも社会福祉を学んだ専門職が求められています。
 学科のカリキュラムとして、豊かな人間性と広い視野を育てる教養教育を中心とした「共通科目」と社会福祉の専門職を養成する「専門科目」を用意しています。「専門科目」は、社会福祉士の国家試験受験資格の取得に必修の科目から構成され、その上にたってさらに学ぶ者は精神保健福祉士の国家試験受験資格、高校教諭免許(福祉、公民)、保育士資格が取得できるような社会福祉に関連する科目が配置されています。
 学生のニーズや進路に応じた効果的な指導をめざした多彩なカリキュラムを通じて、今日の社会福祉の課題の多様化に対応した判断力と実践力を有する専門職養成を目指しています。

社会福祉学科について

高校生の皆さんへ