西南学院大学人間科学部社会福祉学科
  トップへ 教育理念へ 学科の特色へ カリキュラムへ 教員紹介へ ゼミの紹介へ 先輩の声へ 卒業後の進路へ  
トップイメージ お問い合せへ
教育理念
写真-新緑 キリスト教に基づいた「福祉の心」と高度な専門性をもち、社会福祉の第一線で活躍する人材を育成します。
21世紀の福祉・共生社会の実現に向けて福祉の専門職である「社会福祉士」「精神保健福祉士」を養成する、福岡市で唯一の4年制社会福祉学科です。
これまでの文学部児童教育学科における福祉教育の伝統と実績を踏まえた教育を実践。
教育の主な特色は、専門職としての資質をより深めるために「児童福祉」「障害者福祉」「高齢者福祉」「コミュニティ福祉」の専門領域科目を設けていること、学生がノートパソコンを活用して情報を基盤とした福祉社会のあり方を追求すること、韓国2カ所の福祉施設での海外福祉実習を通して、国際的視野を身につけさせることなどが挙げられます。
現在、約190人が学んでいて、本学の建学の精神であるキリスト教に基づいた「福祉の心」と高度な専門性をもち、社会福祉の第一線で活躍できる人材を目指しています。
Training people to work in the forefront of social welfare
This division was newly established in April of 2001. The "spirit of service" based on Christian-based education at Seinan Gakuin is the foundation of social welfare, and this University has looked forward to establishing this division for a long time. The division seeks to develop social welfare experts who will support lives of people in their local communities. Students in this division systematically study the fundamentals and pragmatics of social welfare. They particularly learn about welfare for children, children with disabilities, and the aged, as well as mental health welfare. In addition, the division trains people with global perspectives who will contribute to development of social welfare in various Asian countries through theoretical and practical learning of problems and the status of social welfare facilities abroad.
all right reserved copyright (c) Seinan gakuin University