学習体系とカリキュラム

取得できる資格

  • 社会福祉士の国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士の国家試験受験資格(学科内選抜30名)
  • 社会福祉主事(任用資格)
  • 保育士
  • 高等学校教諭1種(公民科・福祉科)
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員

資格の概要

社会福祉士

 社会福祉士は、福祉事務所、児童相談所、老人福祉施設、社会福祉協議会などで、福祉に関するさまざまな専門知識と技術を生かして障害者や高齢者、また日常生活を営むのに支障のある人々などの福祉に関する相談、指導や、サポートするための国家資格です。福祉の分野で専門職としての働きが期待されています。また、福祉情報、福祉機器関係の民間企業等での働きも期待されています。本学人間科学部社会福祉学科の学生が所定の科目を履修し単位を修得することによって、国家試験の受験資格を得ることができます。

精神保健福祉士

 精神保健福祉士は、精神病院の医師による指導のもとで、精神障害者の入院から社会復帰までのさまざまなケアとサポートを行うための国家資格です。特に精神障害者の地域での生活支援のための相談・援助の専門職としての働きが期待されています。本学人間科学部社会福祉学科において学科内選抜(30名)で選ばれた学生が所定の科目を履修し単位を修得することによって、国家試験の受験資格を得ることができます。

社会福祉主事

 地方公務員として、福祉事務所で社会福祉六法に定める援護、育成、または更生の措置に関する業務に従事するときに必要な任用資格です。本学人間科学部社会福祉学科の学生が所定の科目を履修し単位を修得することによって、卒業時に資格を得ることができます。

保育士

 人間科学部児童教育学科と社会福祉学科において、児童福祉法施行規則または 保育士養成施設指定基準に基づいて定められた所定の科目を履修し、単位を修得することによって、 卒業時に、保育士登録の申請をすることができます。
 ただし、社会福祉学科では社会福祉士を基本資格として位置づけています。 その上に保育士の資格を選択することが可能です。

社会福祉学科について

高校生のみなさんへ