西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

2016.09.14

SUMMER CAMP for Kumamoto Kids 2016(熊本支援)を実施しました

 8月21日と22日に、熊本地震で被災された私立中学の1年生から3年生の生徒20名を西南学院大学に招待し、本学の教育の特徴である英語教育を通して、英語を話す楽しみを経験してもらおうと、1泊2日のサマーキャンプを実施しました。このキャンプには、8月中旬にアメリカ、カナダ、フランス、イタリアなど13か国から来日したばかりの留学生31名と大学生のボランティア8名が、中学生とともに2日間を過ごしました。 
 ウェルカムランチで大勢の留学生と一緒に食事をした中学生たちは、はじめは戸惑いの表情も見られましたが、ゲームや折り紙などのプログラムを通して、しだいに打ち解けていき、ジェスチャーを交えながら会話を楽しむ姿がありました。プログラムの最終日には、参加した中学生一人ひとりが留学生や大学生ボランティアのアドバイスを受けながら自分のことや将来の夢について英語でプレゼンしました。中学生たちは、2日間で楽しみながら、英語に親しみ、学びました。また、留学生だけでなく大学生や他校の中学生とも交流を深めました。終了後の感想では、「これまで留学生と話したことがなかったが、自分の英語が留学生に伝わったときは、うれしかった。」「英語をもっと勉強しようと強く思った。また参加したい!」「夢を文章にすることで、将来の目標が明確になった!」という意見が寄せられました。
 留学生や英語を話す大学生ボランティアとの交流を通して、英語を話す楽しさや“もしも英語が話せるようになったら…”と思い描いて拡がる世界を想像し、将来の夢や目標へと一歩ずつ前進してくれることを願っています。大学生と一緒に過ごした2日間が、中学生のみなさんにとって忘れられない夏の思い出(宝物)となってくれたら嬉しいです。今後も大学としていろいろな形で熊本地震の支援活動を継続していきたいと思います。