西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

2016.07.21

第4回 東日本大震災・熊本地震復興支援チャリティコンサート&講演会を開催しました

 7月9日(土)大学チャペルにて、第4回東日本大震災・熊本地震復興支援チャリティコンサート&講演会を開催しました。約400名の方がご来場くださり、心より感謝申し上げます。東日本大震災復興支援として始まったチャリティイベントですが、今年は東日本大震災だけでなく、熊本地震への復興支援もあわせて開催しました。今回は、卒業生の団体である西南プリエール、西南シャントゥール、西南学院ゴスペルクワイアの3団体127名の皆様に出演していただき、また、岩手県陸前高田市の戸羽太市長をお招きし「東日本大震災からの教訓」と題し、お話をしていただきました。また、学生ボランティア団体『いと』をはじめとするボランティアスタッフ38名の合計165名がこの企画に携わり、ご来場の皆様も含め、多くの方々が、東北や九州の皆様へ想いを馳せた一日となりました。 
 会場では、仮設住宅で作られた作品の委託販売や学生たちが企画したイベントなどを実施しました。当日、会場募金額145,600円とチケット販売額112,000円の総額257,600円は、東北と熊本へ128,800円ずつ届けます。委託販売の売上18,300円は、東北の仮設住宅の皆様のご意向で熊本地震の被災地支援団体に届けられました。
 ご来場くださった皆様、そしてご出演してくださった皆様、お一人おひとりが、チャリティイベントを作り上げてくださいましたこと、重ねてお礼申し上げます。2016年度も西南学院大学では、東北や九州へ震災ボランティアを派遣いたします。

 <プログラムの詳細>

西南プリエール
◆サウンド・オブ・ミュージック◆エーデル・ワイス ◆「となりのトトロ」よりトトロメドレー

 西南シャントゥール
◆いざ起て戦人よ ◆思い出~Long Long Ago~◆ふるさと◆十二人の盗賊◆Turn Ye Me  ◆U Boj

 西南学院ゴスペルクワイア
◆This little light of mine◆Total Praise◆Oh Happy Day◆翼をください

 陸前高田市長 戸羽 太 氏 (創立100周年記念講演)
「東日本大震災からの教訓」と題し、「自らの命はまず自分で守ることが大事。他人事とせず備えることが大切。想定を超えるのが自然災害。」と、日ごろからの備えや自分の身の安全を守る重要性をお話ししてくださいました。

 <会場イベントの詳細>

 1、‟あなたの想い“を1枚の紙にのせて、東北・熊本へ運びます!
 「被災地のことは思っているけれど、なかなかそれを伝える機会がない…」「被災した方々に少しでも元気になってもらいたい」そんな想いをメッセージにして、被災地の方々へ届けるためのプロジェクト。たくさんの方々がメッセージを書いてくださいました!

  2、パネル展示
 復興庁共催で東北学院大学が実施した「復興支援インターンプログラム」に参加したチーム、大学主催の熊本地震ボランティアに参加したチーム、学生ボランティア団体『いと』によるパネル展示。パネルをご覧になってくださった方々の質問にも学生たちがひとつひとつ答えました!

 3、小物の委託販売
 宮城県牡鹿半島にお住まいの方々が作られた小物の委託販売。ポストカードやアクリルタワシ、イチゴのストラップなど、可愛くて実用的な物がたくさんあるとご来場の皆さまから大好評でした!