西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

2015.11.02

震災ボランティアで活動した学生たちが、院長・学長・副学長を訪問しました

 10月21日(水)東日本大震災ボランティアで活動した学生たちが、学長室を訪れ、シャフナー学長・石森副学長(ボランティアセンター長)・中馬副学長・高良事務局長・坂井大学事務長に仮設住宅の皆様が作られた小物を預かって帰り、お土産としてお渡ししました。翌日、10月22日(木)には、院長室を訪れ、バークレー院長にもお渡ししました。また、片山宗教部長をはじめ、ボランティアセンター運営委員の皆様にもお渡ししました。 
 今回、訪問した学生たちは、岩手県の大槌町の仮設住宅集会所で、東北の皆さんと「お茶っこ」を開催し、マッサージやストレッチ、メモ帳作りなどで交流させていただきました。
 
 10月に活動しましたチームで、東北への派遣は無事終了いたしました。
ご協力いただきました皆様、ご支援くださいました皆様に心から感謝いたします。

 活動した学生たちは、来月(11月13日~15日)に開催される大学祭で「東北だっぺ」という模擬店を出店いたします。また、12月14日(月)に開催される報告会に向けて、各チーム準備を進めております。どなたでもご参加いただけます(入場無料)ので、皆様にご来場いただき、学生たちの想いを受け取っていただければと願っております。