SEINAN SPIRIT

No.218 2021 summer
今、私は、 学業に加え、スポーツやボランティアなど、さまざまな活動に熱心に打ち込む、学生の日常に密着。輝く姿の裏側にある努力と苦悩、そして熱い思いを、今ここに。

♯08 西南学院大生 x サッカー 商学部商学科2年 今田 光さん(筑陽学園高等学校出身) 経済学部国際経済学科2年 空田 碧波さん (大分東明高等学校出身)

昨シーズン、1年生ながらも九州大学サッカーリーグの試合に出場を果たした空田碧波さんと今田光さん。今回は、西南学院大学サッカー部の次代を担う2人に、サッカー部の活動と、今後の目標についてお話を伺いました。

サッカー部の活動について教えてください。

空田現在、選手とマネージャー合わせて約60名が所属し、週に6日、田尻グリーンフィールドで練習をしています。
今田本学のサッカー部が他大学のチームと異なる点は、コーチが在籍していないことです。そのため、トレーニングメニューの考案や定例ミーティングの実施、試合日程の調整などチーム運営のあらゆることを選手が主体となって行っています。また、サッカーが純粋に好きで部活を続けている部員ばかりなので、サッカーを心から楽しもうとする気持ちが強く、先輩後輩の垣根を越えた風通しの良い雰囲気も大きな魅力です。
空田私はフィジカル班の一員として、ストレッチや体幹を鍛えるメニューなどを考案しています。高校までの部活動と180度異なり、自分たちで考えて実践していくことは、苦労もありますが、それ以上にやりがいも大きいです。
今田私はトレーニングメニュー班の一員です。これまでのサッカー経験で得た知識をベースに、YouTubeなどで調べた新しいトレーニング法を適宜取り入れるなど、全員で知恵を出し合いながら今のチームにベストな練習メニューを考えています。

今田 光さんとチームの練習風景

2人のサッカー歴について教えてください。

空田サッカーを本格的に始めたのは、小学校2年生の時です。とにかくサッカーが大好きで、大学生になっても続けたいという思いから本学サッカー部に入部しました。現在、中学生の頃から対戦相手として顔見知りだった今田くんと一緒にサッカーをできることが新鮮であり、うれしいです。今田くんはピッチのどこにでも顔を出す、とにかく走れるタフな選手です!
今田空田くんは、足が速くて個人技タイプの選手。高校時代からチームの中でひと際目立っていました。私は幼稚園児の頃からサッカー一筋です。ただ、私たち24期の学生はコロナ禍での入学となり、大学で友人と交流する機会が限られていました。それだけに、今こうしてチームのみんなと思い切りサッカーができる環境を本当にありがたく感じています。

昨年、念願の1部リーグ昇格を果たすなどチーム力が向上していると思いますが、いかがですか?

空田昨年12月に行われた全国大会(AtarimaeniCUP)出場をかけた九州の強豪校である九州産業大学との一戦は、私たちにとって大きなターニングポイントとなりました。最終的にPK戦で負けてしまいましたが、強敵と引き分けたという善戦に、チームの全員が自信を持つことができました。全国大会には行けませんでしたが、リーグ戦では、1部リーグ昇格という目標を達成することができ、本当に良かったです。
今田九産大戦では、空田くんと私は1年生ながらも出場の機会を得ることができました。負けてしまった悔しさの反面、「今の僕たちなら1部リーグでも充分戦える!」という手応えも感じ、それが私たちの最大のモチベーションになりました。今年の目標は1部リーグに残留することと、全国大会に出場することです。
空田リーグ戦は4月から11月までと長丁場です。実はつい最近、昨年PK戦で負けた九産大に勝つことができました。1部リーグと2部リーグのレベルの差に戸惑いながらも、昨年と比べてチームとしての成熟度が上がっていることを実感しています。

サッカー部としての今後のビジョンはありますか?

空田1部リーグで戦う相手はスピードもパワーも桁違い。だからこそ、課題が見つかった時にうやむやにせず、どんなに時間がかかっても解決策を納得するまで話し合えるチームでありたいです。チームメイトと本気で悩み、本気でぶつかっていく。これも選手主体のチームだからこそ成立するのだと思います。
今田昨年「九州一応援されるクラブ」というスローガンを掲げました。最近、西新の街の清掃活動を始めましたが、サッカー以外の部分でも、地域から愛されるチームに成長していきたいです。

今田 光さんと空田 碧波さんの後ろ姿

最後に将来の目標を教えてください。

空田私は在学中に英語圏への留学を目指しています。将来は海外のプロサッカー選手の代理人や通訳など、サッカーに携わる仕事に就きたいです。
今田私は大学卒業後、実業団や社会人チームに所属するなど、可能な限り長くサッカーを続けていきたいと思っています。大好きなサッカーとともに、自分自身も成長していきたいです。

これからトライしたいこと

今田 光さんと空田 碧波さん

子どもたちにサッカーの夢を!寄付を通して次世代に貢献したい。

今後、試合中の走行距離の1%を円換算し、「1%FOOTBALLCLUB」という団体にサッカー部で寄付を行う予定です。この寄付金は、サッカーをしたくてもできない子どもたちの環境を変えるための活動に役立てられます。今回その寄付を行うにあたり、走行距離を測るGPS付き計測デバイスの準備資金を調達するためのクラウドファンディングを立ち上げました。現在はその返礼品として、サッカー部オリジナルグッズを企画中です。

page top
もっと読みたい方はこちらから!