聖書植物園 Biblical Botanical Garden


ハンニチバナ科

ムラサキゴジアオイCistus creticus L.

  • 英語/pink rock rose
  • 花期/4~5月
  • マップエリア/エリアA

聖句

 彼らはそれから、腰を下ろして食事を始めたが、ふと目を上げると、イシュマエル人の隊商がギレアドの方からやって来るのが見えた。らくだに樹脂、乳香、没薬を積んで、エジプトに下って行こうとしているところであった。(創世37:25)

 「没薬」と訳されtれいる(「ロトゥ」(ヘブライ語)はムラサキゴジアオイの可能性がある。(廣部千恵子『新 聖書植物図鑑』, 108参照)初夏に花をつける常緑の潅木。樹脂は芳香と苦味があり、薬用、香料として用いられる。展示植物は聖書の地の自生種から栽培したものである。春遅くに桃色の花をつける。

    ページの先頭に戻る


    〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院 総務部 総務課  gen<at>seinan-gu.ac.jp

    このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。