聖書植物園 Biblical Botanical Garden


マメ科

イナゴマメ/いなご豆Ceratonia siliqua L.

  • 英語/carob tree
  • 花期/9~11月
  • マップエリア/エリアE

聖句

 彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。(ルカ15:16)

 聖書では放蕩息子のたとえ話(ルカ15:11-32)にしか登場しない植物。さやに多くの糖分を含み、砂糖の代用、家畜の飼料として用いられた。昔、イナゴマメの種子がはかりの分銅として用いられ、乾燥した一個の種子の重さが1カラット(0.2g)であることからカラット(keration-ギリシア語参照)の単位になったといわれている。常緑樹であり雌雄異株である。展示植物は雌の木であるが、雌雄異株なので、残念なことに結実はしない。展示植物は聖書の地の自生種である。

    ページの先頭に戻る


    〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院 総務部 総務課  gen<at>seinan-gu.ac.jp

    このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。