聖書植物園 Biblical Botanical Garden


クスノキ科

ゲッケイジュ/野生の木Laurus nobilis

  • 英語/laurel,sweet bay
  • 花期/4~5月
  • マップエリア/エリアC

聖句

 主に逆らう者が横暴を極め野生の木のように勢いよくはびこるのをわたしは見た。(詩編37:35)

 欽定訳(King James Version)は「野生の木」(エズラハ:ヘブライ語)をa green bay tree(月桂樹)と訳している。しかし、一般的に欽定訳は支持されていない。エズラハは「土着、あるいは自生の木」を意味するが、何の植物に該当するかは不明である。(イザヤ44:14)「樅の木を植え」のヘブライ語「オレン」を月桂樹だと考えている人もいる。(廣部千恵子『新 聖書植物図鑑』, 119参照)月桂樹は雌雄異株であるが、日本では結実は見られない。聖書の地では自生し、結実をする。葉は香辛料、薬用に利用される。

    ページの先頭に戻る


    〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院 総務部 総務課  gen<at>seinan-gu.ac.jp

    このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。