聖書植物園 Biblical Botanical Garden


ナス科

ヒヨス/シクロンHyoscyamus niger

  • 英語/henbane
  • 花期/4~5月
  • マップエリア/エリアD

聖句

 エクロンの北斜面を進み、シクロンを折れ、バアラ山を過ぎ、ヤブネエルを経て、海に達する。(ヨシュア15:11)

 夏に黄色の花をつける宿根草。「シクロン」は「ヒヨス」を意味する。シクロンは地名であるが、ヒヨスが多く自生したのでこの名があると考えられている。現代ヘブライ語でヒヨスの仲間はシカロンと呼ばれる。ヒヨスはヒヨスチアミンという毒性の強いアルカロイドを含むが、薬用として用いられる。(廣部千恵子『新 聖書植物図鑑』,131-132参照)展示植物はイスラエル自生種子から栽培したものである。

    ページの先頭に戻る


    〒814-8511 福岡市早良区西新6-2-92 西南学院 総務部 総務課  gen<at>seinan-gu.ac.jp

    このサイトは西南学院大学が全ての著作権を保有しています。