西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

就職課

就職情報

就職サポート

インターンシップ

インターンシップとは

インターンシップとは学生が一定期間の間、企業や官公庁などの現場で実際に就業体験を行う制度です。

インターンシップの目的

本学においては、以下をインターンシップの目的とし、学生サポートとインターンシッププログラムの拡充に取り組んでいます。
インターンシップを通じて、学生が大学卒業後のキャリアを考える貴重な機会になることを期待しています。

  • 職業観の醸成
  • インターンシップを通じ、個別企業や業界を深く理解することで、自身が将来どういう仕事がしたいのかを考えることができる。
  • 社会人基礎力の習得
  • 社会人基礎力とされている「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」をインターンシップの場で磨くことができる。

インターンシップの種類

インターンシップには大学経由で申込む必要があるプログラム(大学主催型)と、大学を経由せず学生が直接申込むプログラム(公募型)があります。

大学主催型(大学経由で応募)
本学と受入機関との間で本学学生の一定数の派遣が決定しているプログラムと、九州インターンシップ推進協議会を通じ、提供するプログラムがあります。
公募型(自身で直接応募)
就活情報サイトや受入機関のHPから学生が直接申し込むプログラムです。

「大学主催型受け入れ企業一覧」

 

就職課のサポート

講座の実施等を通じて、インターンシップを有効的な体験にできるよう、サポートをしています。 また、近年では応募の段階でエントリーシートによる選考が行われるケースもあり、選考対策も実施しています。

「インターンシップガイダンス」
参加にあたっての心構えや、インターンシップの種類・応募方法の解説、学生の体験報告を聴き、インターンシップについての知識を深める。
「インターンシップ前 エントリーシート対策講座」
インターンシップ応募に必要なエントリーシートの書き方を学ぶ。
「インターンシップに行く前に身に付ける!マナー講座」
社会人としての基本的なマナーを習得する。
「学内/学外派遣前オリエンテーション」
インターンシップ派遣が決まった学生に対し、派遣にあたっての心構えや目標設定方法の解説を行う。
「派遣後事後オリエンテーション」
今後の自身の成長に繋げる為、インターンシップの振り返りを行う。
インターンシップ参加者の声

私は、今の自分に無い視点を身につけたいと思い、飲料メーカーのインターンシップに参加しました。5日間のカリキュラムで、1、5日目に座学と発表、2、3、4日目に自動販売機業務の営業同行を行い、やりがいやきつさを肌で感じました。そこで感じたのは、社員の方1人1人が製品に対し、誇りを持って仕事をしていたということです。この頃は自分の中で、どんな仕事がしたいかを漠然としか考えられていませんでした。しかし、社員さんの姿に感銘を受け、私自身も製品やサービスに誇りを持てる企業に入社したいという新たな視点を得ることができました。

        

Feature

4つの特色