西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2020.09.30

学修支援金の給付について

2020年9月30日

 

 

学部学生、保証人のみなさま

 
       西南学院大学

学長 G.W.バークレー

 

コロナ禍での今後の大学の教育環境への対応について

 

 

 これまでに経験したことのない事態に見舞われている2020年度が半分終わり、今月から後期の授業が始まりました。

 入学式を取りやめ、すべての授業を遠隔で行い試験も中止した前期でしたが、「大学生らしい生活を送れない」、「小中高は普通の授業を始めたのに大学だけが…」、といった声が学生から寄せられました。教員からも「遠隔授業の準備、課題の採点に通常の数倍の時間を要する」、「研究計画が予定通り実施できない」という報告を受けています。通常業務に加え、予期しなかった多くの仕事を抱える職員からも悲痛な声が聞こえてきます。

 これから秋、冬にかけてコロナ感染防止対策を強化しつつ、これまでに寄せられたご意見や提案を受け、「新しい日常」に向け、本学では以下のような方法で大学正常化の準備を行っています。

 ◎三密回避が可能な1~4年次ゼミと、科目の性質から必要性が高い授業を対面で実施する

 ◎人数制限を行いながら、図書館の利用を開始する

 ◎学生食堂、クロスプラザなど必要な施設の運用を再開する

 ◎課外活動を限定的、段階的に再開する

 ◎オンライン大学祭を開催する、など

 

 前期中、活発な学習、教育、研究の機会、友人との交流やさまざまな行事など、失われたものは計り知れません。しかし、誰も経験したことのない試練を通して得ることができたものも少なくありません。遠隔授業の方が自由に質問をしやすい、課題が多くて大変だったが、その分勉強した、さらには学生同士がオンラインでゼミ活動を活発に行ったり、SNSを活用して新入生に部活の内容を広報したりするクラブがあるなど、予想しなかった効果も報告されています。

 その一方で、学生や保証人の皆様の一部からは、学費の減免や返還を求める意見も寄せられました。私たちは、皆様からいただいた意見も十分に理解しています。しかし、様々な工夫を凝らして教育を行い、学生がよりよく学び成長ができるために、そして、継続して教育や学修環境を充実させるためには、学費が必要であることをご理解いただきたいと思います。

 学費の減免や返還には応じることはできませんが、今後、学生の学修環境を維持、向上させるため、資料の印刷や書籍購入等の費用の一部として、一年間の休学者を除き、一人当たり一律30,000円の学修支援金を支給いたします。本日付で保証人様宛に文書を発送しておりますので、確認のうえ手続きを行っていただきますようお願いいたします。

 本年度の西南学院の聖句は「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」(ローマの信徒への手紙12章15節)です。私たち西南学院大学の教職員は「教えてやる、指導してやる」ではなく、学生を育てることによって自分たちも成長する「共育」の精神で日々学生と接しています。学生や保証人の皆さまの声に耳を傾け、できる限りのことを行い、一人でも多くの人が満足できる大学を目指します。今後もご意見、ご要望などありましたら、遠慮なく大学にお申し出くださいますようお願い申し上げます。

 

最新ニュース情報