西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2020.07.22

2020年度後期授業について

                                 2020年7月22日
学生・保証人、教職員、大学関係者の皆様
                              学長 G.W.バークレー

              2020年度後期授業について

 新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い全面遠隔授業を余儀なくされた前期授業期間が
7月29日をもって終了する予定です。学生、教職員の皆様におかれましては、様々な制約が
課された中で授業等への関わりを持つことになり、大変なご苦労をなさったことでしょう。前期授業期間の終了を迎えるにあたり、皆様のご理解とご協力に対し、厚く御礼申し上げます。
 ここ数日、福岡における新型コロナウイルスの感染者数の急増に伴い、本日、大学の対策フェーズも「流行再発期」に移行しました。この増加傾向から考えますと、この先、決して楽観できる状況にはございません。
 しかしながら、9月14日から始まる後期の授業につきましては、大学では、「対面授業」の実施に向けて、さまざまな対策を含む協議を行っています。具体的には、受講者数と科目の特性に応じて対面授業と遠隔授業(原則、オンデマンド型のみ)とを組み合わせる形で授業を
運営していく方針です。もちろん、新型コロナウイルス感染症から、学生・教職員の安全を守ることを最優先課題として念頭に置きつつ、可能な限り各教室における感染防止策を徹底し、また、基礎疾患等をお持ち等の学生や教職員の皆様への合理的な配慮を十分に検討した上で、少しでも多くの対面授業が実施できるよう準備を進めていきたいと考えております。
 後期の授業開始時には感染状況が収束していることを祈るばかりですが、開始を目前に、あるいは授業期間に入ってからでも、感染拡大の深刻さが増す事態も想定されます。その場合は、前期と同様に全面的に遠隔授業に切り替えざるを得ないこととなりますが、本日は、皆様に少しでも早く後期の教育活動に臨む心積もりをしていただきたいという思いから、後期の対応方針をお示しいたしました。なお、実施細目や定期試験等に関するより具体的な情報については、8月初旬を目途に関係部署からご案内させていただく予定にしております。
 皆様にご理解とご協力をお願いしますと共に、万一、学内で感染者が発生するとなりますと、その努力が結実しない可能性が高くなります。引き続き十分な感染防止対策をくれぐれもよろしくお願致します。

                                      以上

最新ニュース情報