西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2020.06.12

遠隔授業実施下における一部授業科目の対面指導等の実施について

2020年6月12日

学生・保証人 各位

                              教務部長 渡邊 均

     遠隔授業実施下における一部授業科目の対面指導等の実施について

 先日5月15日付け「前期における遠隔授業の全面実施と定期試験の中止について(お願い)」にて通知のとおり、大学としては、教室やその他施設を使用した対面授業を1日も早く再開したい思いを強く持っております。しかしながら、前期に1,500を超える授業科目を開講し、それらを在学生約8,000人が各所属のカリキュラムに基づき、各々自由に履修し、受講するという環境、且つ、それらの授業科目の受講規模等も多様であるという実態に鑑みると、既存の施設において開講している全ての授業の受講者数に応じて3密を回避する教室等を提供することが実質的には困難であり、全体方針として対面授業の実施に踏み切ることはできない状況である旨、お知らせを差し上げました。
 目下、皆さまのご理解もあって、全ての科目において遠隔授業を実施、継続していますが、同時に、一部の科目においては、科目や資格等要件の性質上、対面での指導・評価機会を全く無くしては成立しないという課題があり、その課題について対策を検討してまいりました。
 検討の結果、遠隔授業のみでは技術や技能の修得が困難である実習、実験、実技科目、あるいは1年次の基礎演習や4年次の卒業研究等を含む一部の科目において、3密が重なることを徹底的に回避する対策を講じた上で、対面による指導等の機会を下記のとおり設定することといたしました。
 つきましては、実施する対面指導等の科目や要領、あるいは実施日時や教室等の情報について、今後、担当する教員より個別に受講生へお知らせをいたしますので、それら実施に際し、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 1.実施時期

(1) 前期の定期試験期間
(2) 夏季休暇期間
(3) 前期の授業期間中の土曜日

 2.留意点 

 但し、通常とは異なる実施時期であること、また、感染リスクから出席できないと考える学生や保証人の方がいらっしゃることにも鑑み、対面の指導機会に出席できない場合でも、成績評価上の不利益が生じないように配慮します(代替手段の提供等)。

 

                                     以上

    

                   

最新ニュース情報