西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2020.03.04

西南学院大学×東京外国語大学包括連携協定締結記念講演会を開催しました(2月22日開催))

 2月22日(土)、大学チャペルにおいて、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)グローバル政策・戦略大学院(GPS)教授の當作靖彦氏を講師に招き、「未来戦略としての外国語教育“「わかる」・「できる」から「つながる」へ”」と題した講演会を開催しました。
 この講演会は、西南学院大学と東京外国語大学が包括連携協定を締結したことを記念し、西南学院大学主催、公益財団法人かめのり財団の協賛で行われ、約300名が参加しました。
 講演において、當作氏は、今後AIが人間に取って代わることが予想され、世界がますます変わりゆく中で、これまで必要のなかった知識や能力が求められ、学力観が変化することを解説しました。特に、これから必要な力として、AIには無い人間の強みである「共感力」を挙げ、相手に共感するための一つのツールは言葉である、と述べました。
 その上で、今後の言語教育は、単なる言語の機能を教育するのではなく、言語を通じて多様な人や文化とつながり、社会に主体的に関わる事で地球市民として貢献できる力を育てることが求められる、と結論付けました。
 当日は、西南学院大学外国語学部説明会「解き放て、ジブン!」も同会場で開催され、外国語学部の概要や、今年度実施した入試の総括、今後の人材育成の展望を説明しました。

最新ニュース情報