西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2019.11.26

アメリカンフットボール部が全日本大学選手権西日本代表校決定トーナメント2回戦で健闘!

 11月16日(土)、福岡県春日市の春日公園球技場にて、甲子園ボウル出場をかけた全日本大学選手権西日本代表校決定トーナメント2回戦が行われ、関西学院大学に惜しくも敗退しました。



【試合結果】
西南学院大学     0-7-7-12 = 26
関西学院大学       0-17-10-20 = 47

 本学アメリカンフットボール部は、2019年度九州学生アメリカンフットボール1部リーグ秋季リーグ戦で6連覇を達成し、同選手権に出場しました。1回戦は、福井県立大に30-7で勝利。2回戦は、昨年の甲子園ボウル優勝校、関西学院大学(関西学生リーグ2位)と対戦しました。
 第1クオーター(Q)では両者譲らず0-0、第2Qに試合が動きました。関西学院大学の2つのタッチダウンやフィールドゴール、本学側ペナルティなどで相手のペースに傾きかけましたが、QB#16伊藤嵩人(商・経営4年)のタッチダウン、#9田中良樹(経・経4年)のキックで7-17とし、前半を終えます。
 第3Q、関西学院大学のリズムの良い攻撃から、タッチダウンやフィールドゴールなどを決められ、27-7となります。粘る本学は、QB#16伊藤のロングパスから#15城代慈英(経・経2年)のタッチダウン、キックで27-14とし、最終第4Qへ移ります。
 第4Qでは、再びQB#16伊藤のロングパスから#15城代のタッチダウンや、#80田中虹輝(法・法4年)のタッチダウンなど反撃を見せましたが、結果、26-47で惜しくも勝利を収めることができませんでした。
 「打倒関西」を目標に取り組んできた本学アメリカンフットボール部は、試合には敗れたものの、昨年甲子園ボウル優勝校に闘志あふれるプレーで善戦しました。
 来季のアメリカンフットボール部のさらなる活躍が期待されます!


第2Q 、自らのランプレーでタッチダウンを奪うQB#16伊藤(写真右)


試合後、観客へ挨拶をする選手達

最新ニュース情報