西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2019.10.01

経済学部主催 古川享氏による講演会を開催しました

 9月26日(木)、西南コミュニティーセンターホールにて、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の古川享(ふるかわ・すすむ)氏を講師にお招きし、「今の若者に期待すること」という演題で講演会を開催しました。この講演会は、「国際キャリア演習」という経済学部専攻科目の授業の一環として行われたもので、学生約100人が聴講しました。
 古川氏はマイクロソフト・ジャパン社長を務めた後、マイクロソフト本社の副社長としてビル・ゲイツの右腕として活躍された輝かしい経歴の持ち主です。講演では、古川氏の学生時代からマイクロソフト本社副社長時代に至るまでの経験、ビル・ゲイツ氏との交流、動画を用いた最新技術の動向について興味深いお話をしていただきました。また、ご自身の体験をもとに技術進歩が進む将来の社会を見据えつつ、会場の学生に次世代を担ってもらいたいとエールを送られました。
 後半は、本学OBで、EnLinx Partners代表、経済学部非常勤講師として「国際キャリア演習」を担当している尾中泰(おなか・ひろし)氏の司会のもと、パネルディスカッションを行いました。古川氏、立石剛副学長(教育・研究担当)、竹﨑岳人さん(経・経4年)と古川奏さん(経・経2年)が登壇し、今後の大学教育に関する重要性などについて議論を深めました。「国際キャリア演習」の履修生で、研修先の米国シアトルから帰国したばかりの竹﨑さんと古川さんは、研修での貴重な経験についても報告しました。




最新ニュース情報