西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

ニュース詳細

一覧に戻る

2018.11.01

大学博物館特別展「キリシタン-日本とキリスト教の469 年-」(11/2-12/13)のご案内

 大学博物館では、下記のとおり展覧会を開催いたしますので、ご案内いたします。

 豊臣秀吉が最初の伴天連追放令を布いた1587(天正15)年以降、徐々にキリスト教の布教に制限が加えられていきました。そして、キリシタンたちは、江戸幕府の禁教令や、島原・天草一揆などが進展する中で、潜伏して信仰を守るか、棄教するかを選択せざるを得なくなっていきます。
 本展では、海外から流入する諸文化を換骨奪胎してきた日本に、如何にしてキリスト教が根を下ろそうとしてきたのか、その歩みを辿っていきます。
 そこでは、受け入れる立場にあった日本側の試行錯誤も見出すことができるでしょう。


                     記

◎世界文化遺産登録記念特別展
  「キリシタン-日本とキリスト教の469年-」

会 場:西南学院大学博物館(東キャンパス)
    1階常設展示室・特別展示室、2階講堂
会 期:2018年11月2日(金)~12月13日(木)  ※日曜休館
時 間:午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
入館料:無料
主 催:西南学院大学博物館・國學院大學博物館(共同開催)

チラシはこちら。

《見どころ》
 世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」登録を記念した本展覧会の
 みどころをご紹介します。

 ★見どころ~その1~
  神道の國學院とキリスト教の西南学院がコラボ!
  東西の文化を得意とする大学博物館が手を組んだ新たな展示

 ★見どころ~その2~
  キリシタン考古学の新発見!
  千々石ミゲルは本当に棄教したのか!?
  宣教師シドッチは江戸の切支丹屋敷に眠る!?

 ★見どころ~その3~
  島原・天草一揆や禁教期の未発表史料を公開!
  これまで知られていなかった未知の史料!浦上四番崩れ関連の絵図も!

 ★見どころ~その4~
  かくれキリシタンの文化や風習を知る!
  日本の風土に合わせてどう変貌を遂げ定着していったのか、その実態に迫る



【関連イベント】
◎ミュージアムセッション「島原・天草一揆と禁教」 
日 時:2018(平成30)年12月8日(土) 14:00~16:00
会 場:西南学院大学博物館2階講堂
定 員:150名(事前申込不要)
参加費:無料
登壇者:「島原・天草一揆と牢人」 木村直樹氏(長崎大学)
    「踏絵の実態と禁教認識の伝播」 安高啓明氏(熊本大学)

◎西南ワークショップ(大人向け)「和綴じでつくる!myノート」 
日 時:2018(平成30)年11月10日(土) 14:00~16:00
会 場:西南学院大学博物館、西南コミュニティーセンター
定 員:20名(先着順)
参加費:無料

※申込方法等詳細は、添付のチラシをご覧ください。

                                 
                    <お問い合わせ先>
                     西南学院大学博物館(東キャンパス)
                      TEL:092-823-4785
                     URL: http://www.seinan-gu.ac.jp/museum/

最新ニュース情報