西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

ニュース詳細

一覧に戻る

2018.11.01

【西南学院講座 in Tokyo】本学大学院臨床心理学専攻 小林隆児教授公開講座「関係の病としてのおとなの発達障碍」を開催しました

 10月27日(土)に、西南学院東京オフィスが入るサピアタワー(東京都千代田区丸の内)にて、本学教授である小林隆児氏(西南学院大学大学院臨床心理学専攻教授)が講師をつとめる【西南学院講座 in Tokyo】「関係の病としてのおとなの発達障碍」を開催しました。全国各地から、医師や心理士、カウンセラーなど様々な職種を含め54名の受講者が参加しました。今回は特にリピーターが多く、本講座の定着が印象付けられました。
 本講座は、「子どもからおとなまで、発達障碍の成り立ちを一貫性をもって理解する」「発達障碍の治療の核心は何か」「Q&A」という3コマで構成されました。小林教授の講義に加え、映像にて代表的事例を供覧する場や、参加者からの質問・発言の場も設けられ、受講者が積極的に参加できる講座となりました。特に今回は、質疑応答の時間が長時間設けられ、様々な職業に就く参加者の、多様な経験と疑問をもとにした発言が多くあり、参加者が考えを深められる、非常に濃密な時間となりました。
 参加者からは、講座の内容を各々の職業や経験に重ね合わせて解釈し、とても参考になったという声が寄せられました。

最新ニュース情報