西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

ニュース詳細

一覧に戻る

2018.05.10

春季キリスト教フォーカス・ウィークについて(ご案内)

学生、教職員の皆さま

 本学では、春季と秋季の2回、各界の著名人をお招きしてキリスト教フォーカス・ウィークを開催しています。
 春季は、次の通り1時間のロングチャペル(10:20~11:20)を行います。
 (ポスタープロフィールもご覧ください。)

 ≪日時≫5月29日(火)~5月31日(木) いずれも10:20~11:20
 ≪場所≫大学チャペル

【5月29日(火)】
 近 藤 紘 子(こんどう・こうこ) 講師
 (広島原爆の語り部・国際養子縁組活動家)
  
 ◆テ ー マ:「平和」
 ◆講師略歴
   1944年広島市生まれ。生後8カ月で爆心地から1.1キロの地点で被爆。
   原爆を投下した軍機エノラ・ゲイ号の副操縦士との出会いや
   アメリカへの留学経験を通じて、被害者意識を超えた日米の架け橋
   となる平和運動を展開してきた。

        +++++++++++++++

【5月30日(水)・31日(木)】
 片 岡 輝 美(かたおか・てるみ)講師
 (会津放射能情報センター代表・子ども脱被ばく裁判共同代表)

 ◆テ ー マ:「何が主に喜ばれるのかを吟味しなさい」 
 ◆講師略歴
   1961年福島県生まれ。1985年、夫の若松栄町教会牧師着任に伴い
   故郷へ帰り、息子4人を育てる。2011年3月東日本大震災による
   東京電力福島第一原子力発電所事故を経て、同年7月に「会津放射
   能情報センター」を設立し代表となる。
   2014年8月、提訴された子ども脱被ばく裁判の会・共同代表。

 毎回、ロングチャペル終了後は、その日の講師と一緒にお茶を飲みながら懇談します(11:30~、会場はチャペルセンターを予定)。
 是非ご参加ください。

                                   以 上


最新ニュース情報