西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Seinan, Be True to Christ

ニュース詳細

一覧に戻る

2018.03.12

3月26日「公開シンポジウム ~戦後優生保護法下で何が行われたのか ~」開催のお知らせ

各位

 この度、西南学院大学と生命倫理研究会の主催で3月26日に「公開シンポジウム~戦後優生保護法下で何が行われたのか ~」を開催いたします。
 優生保護法(1948〜1996)のもと、知的障害を理由に不妊手術を強いられた女性が国家賠償請求を求めて国を提訴しました。その時代、何が起こっていたのでしょうか。
 入場料は不要で、どなたでも参加できます。
 皆さんの参加をお待ちしております。

日 時:2018年3月26日(月) 13時30分~17時30分
場 所:西南学院大学大学院棟1階 大ホール(東キャンパス)

◆参加申し込み不要・入場無料◆

シンポジスト:利光惠子(立命館大学生存学研究センター)
      「戦後日本における障害者への強制的な不妊手術をめぐって」
       久保井 摂(福岡合同法律事務所弁護士)
       (仮)「優生保護裁判と国家賠償への展望」
       中馬 充子(西南学院大学)
       「優生思想を支えた戦後の保健科教育」

コメンテーター:波多江 忠彦(日本薬科大学元教授)        
        横山 尊(日本学術振興会)
       
司 会:北垣 徹(西南学院大学)

問い合わせ先:西南学院大学/教育・研究推進課(092-823-3691)
       北垣:kitagaki@seinan-gu.ac.jp

主 催:西南学院大学/生命倫理研究会

本シンポジウムは科学研究費基盤研究(B)
「優生学の歴史と新優生学の展開」
(課題番号17H02603)の助成を受けたものです。

チラシはコチラ

最新ニュース情報