西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

語学能力試験

留学の準備

留学の準備 語学能力試験

 海外留学では、十分な語学力を身につけておくことが重要。出願の1年前から語学能力試験を計画的に受験することをお勧めします。

1.IELTS

 International English Language Testing System (IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明するテストとして、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼ全ての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3,000を超え、英語力証明のグローバルスタンダードテストとして世界中で受験者が増え続けています。
 本学の協定校も、全ての大学が留学に必要な語学力を証明するテストとしてIELTSスコアを認めています。

 本学は、IELTSの公式会場となっていて、年に5回ほど実施しています。

IELTSの試験会場・試験日に関する情報
http://www.eiken.or.jp/ielts/schedule/

IELTSに関する情報
公益財団法人 日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/ielts/

2.TOEFL(R)

 TOEFL(R)テスト(=Test of English as a Foreign Language)は、英語を母語としない人々のための英語力判定テストです。世界で180カ国、4,800以上の団体が利用しており、国際的なテストとしても認知されています。英語圏の2,400校以上の大学が、母語を英語としない入学申請者の出願書類のひとつとして、そのスコアの提出を義務づけています。英語圏への留学を目指す人は海外の大学に出願する時にその大学が求める語学能力を示す証明書となりますので、計画的に受験するようにしてください。

 TOEFL(R)iBTは、毎月、数回の試験日が設けられていて、試験会場は主に大学など教育機関で行われています。日本では、国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部TOEFL(R)事業部が実施しています。

TOEFL(R)iBTの試験会場・試験日に関する情報
http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/testfee.html

TOEFL(R)に関する情報
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部TOEFL(R)事業部
http://www.cieej.or.jp/toefl/index.html

3.TOEFL-ITP

 TOEFL-ITP(R) (=TOEFL Institutional Testing Program)は、過去のペーパー版TOEFL(R)を再構成した団体向けテストです。従って、そのスコアはTOEFL(R)と高い相関性があり、信頼性・妥当性がきわめて高いうえ、一般のTOEFL(R)と比べて、非常に安い受験料で受験できます。

TOEFL(R)-ITPの試験内容
◆セクション1・・・聴解力(リスニング) 約35分/50問
 北米で話されている標準的な英語を理解する力を測定します。出題は3つのパートに分かれており、テープに吹き込まれた質問は1度しか聞くことができません。質問を聞き、テストブックの選択肢から解答を1つ選びます。内容は、キャンパス内で交わされる会話(友人同士、教授と学生)や授業内容などです。
Part A :2人のスピーカーの対話を聞き、質問に答える
Part B,Part C :Part Aより長めの会話またはショート・トークを聞き、それぞれ数問の出題に答える
セクション2・・・文法と表現 25分/40問
 標準的な書き言葉の表現や文法の知識を測定します。質問は2つの形式があり、前半は下線部分に正しい語句を補い文章を完成させるもの、後半は与えられた文章の中で文法の誤りを指摘するものになっています。
セクション3・・・読解力(リーディング) 55分/50問
 北米の大学で授業に使われるような文章を用い、読解力を測定します。問題内容は特に専門知識を必要とするようなものではなく、さまざまな学術分野から出題されます。また、1つの文章につき設問が数題あります。

 西南学院大学では、年5回、本学学生を対象にTOEFL(R)-ITPテストを実施しています。本学では、海外派遣留学生選考試験の受験資格、特定学部の単位認定あるいはプレイスメント・テスト及び自分自身の英語力の測定に利用しています。本学の海外派遣留学試験時の出願時には、本学が求めるスコア(TOEFL480~550点)が必要となりますので、募集要項を確認したうえで、積極的に受験することをお勧めします。

(注意)
TOEFL-ITPは、協定校によって本学の海外派遣留学生選考試験の出願スコアとして利用できますが、近年、TOEFL-iBTやIELTSといった公式試験のスコアを求めてくる協定校が増えているのも事実です。なお、TOEFL-ITPは一般的に私費留学する際の正式な入学書類として使用することはできませんのでご注意ください。

2017年度TOEFL(R)-ITP試験日程

実施日時 申込期間 本学へのスコア到着予定日
5月17日(水)3:15p.m. 3月27日(月)~4月14日(金) 6月7日(水)
6月14日(水)3:15p.m. 4月24日(月)~5月19日(金) 7月5日(水)
7月19日(水)3:15p.m. 6月5日(月)~6月23日(金) 8月9日(水)
9月6日(水)3:15p.m. 7月18日(火)~8月4日(金) 9月27日(水)
11月22日(水)3:15p.m. 10月10日(火)~10月27日(金) 12月13日(水)

申込場所:西南学院大学生協

TOEFL(R)-ITPに関する問い合わせ先
西南学院大学 言語教育センター事務室
TEL:092-823-3309 

3.その他の語学能力試験

韓国語 ハングル能力検定試験
http://www.hangul.or.jp/
韓国語能力試験
http://www.kref.or.jp/korea_kentei/index.html
中国語 HSK中国語能力認定試験
http://www.hskj.jp/
中国語検定試験
http://www.chuken.gr.jp/
フランス語 DELF DALFフランス語資格試験
http://www.delfdalf.jp/
APF実用フランス語技能検定試験
http://apefdapf.org/
TEFフランス語能力認定試験
http://www.ccfj.com/talk/tef/
TCFフランス語能力テスト
http://www.ambafrance-jp.org/TCF

【問い合わせ先】

西南学院大学 国際センター事務室
〒814-8511 福岡市早良区西新6丁目2-92
TEL 092-823-3346 FAX 092-823-3334
E-mail:intleduc@seinan-gu.ac.jp