西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

大塚 美沙

留学体験談

long stay 大塚 美沙(おおつか みさ)さん
[留学時] 法学部国際関係法学科

よく学び
よく遊んだ1か月

留学先を選んだ理由

 私は、大学に入学した時から、
西南学院大学の派遣留学に行くことを目標にしていました。
派遣留学に応募するためにTOEFLを勉強していましたが、IELTSでも応募ができるということを知りました。オーストラリアでは、IELTSの勉強もできるし、英語の環境で生活でき、観光もできるので、語学研修に参加しようと決めました。

現地の街の様子や治安について

 ゴールドコーストは、とても綺麗で、安全で、生活しやすい街だと思います。学校の近くには、ショッピングモールがあり、何でも買い物できます。海や公園もあり、放課後は、リフレッシュできます。バスやトラム(路面電車)もあり、人気のsurfers paradiseにも行きやすいです。勉強も遊びも楽しめる、最高の場所です!

 治安は、かなりいいと思います。夜に一人で出歩くなどしなければ、事件に巻き込まれることは、ほぼないと思われます。

 

特に印象に残った(役に立った)講義内容やクラスの構成

 私が一番印象に残った講義は、writingのクラスです。同じ表現でもいくつか答えを作る練習をしたり、みんなで答えを出し合ったり、模範解答を確認するのではなく、自分たちで答えを作り上げるということがとても勉強になりました。

 クラスの人数は、約20~25人です。人数は少し多めですが、先生によくあてられます(笑)。IELTSコースは、留学生は私を入れて、2、3人くらいでした。他は、みんな移民の方でした。国籍は、中国、韓国、フィリピン、UAE、イラン、ブラジル、コロンビアなどで、南米の人が多いなと思いました。

 

滞在先(寮またはホームステイ)の様子

 ホストファミリーはフィリピン系で、家族構成は、ホストファザー、ホストマザー、7歳と1歳のホストシスターでした。25歳のコロンビア人のハウスメイトもいました。女の子で、部屋は別でした。

 1日の流れとしては、7時にみんなで朝食、8時に通学、8:30~14:30まで学校で授業、帰宅してからは、ハウスメイトと海に行ったり、joggingしたりして、7時に夕食、勉強したりTVをみたりして就寝という感じでした。

 

研修に参加して成長した点、今後どのように経験を生かしていくか、検討中の学生へのメッセージ

 ホストファミリーと上手くいかなかったり、授業で積極的に発言できなかったり、自信をなくしてしまうこともありました。でも、何とかやってみようと、自分から行動を起こすことができたことは本当にいい経験になりました。頭の中でずっと英語で考えられたことも、私にとって大きな成長です。私は、来年本学の派遣留学生制度を利用して、アメリカに留学します。この語学研修で得た経験を、次の派遣留学に生かしたいと考えます。

 語学研修の目的は、みんなそれぞれ違うと思いますが、最高の仲間とかけがえのない経験、そして、多くの人との出会いがあります!ぜひ、参加してみてください:)

 

ゴールド・コースト・インスティテュート・オブ・TAFE

 42kmの白浜ビーチが続く世界有数の観光地として有名な東海岸クイーンズランド州ゴールドコースト。特に市街地サーファーズパラダイスは観光客で賑わっており、そこからバスで15分のサウスポートというビジネス街の中心に学校はある。美しいビーチやショッピングモールが近くにあり、複合路線のバス停からは市街地を周ることができ最高のロケーション。教師の質が高いと評判で、授業は朝9時から午後3時までみっちりあるので、英語漬けで学習したい人におススメ。