西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

武濤 芽生

留学体験談

long stay 武濤 芽生(たけなみ めい)さん
[留学時] 文学部英文学科4年(2013年当時) (アメリカ・Cupertino High School出身)

留学は「その後の道を開くきっかけ」

留学先を選んだ理由

「とにかく、イギリスが好き!」 強い憧れからイギリスの大学を選択。
留学先では学位が取得できるコースを専攻しました。

 もともとイギリスの“パブロック”というジャンルの音楽が大好きで、イギリス英語への憧れもあり、とにかくイギリスに行きたいという強い思いがあ りました。そのためイギリスに足を踏み入れた時点で「わたしの目標は実現した」と思えるほど嬉しかったです。留学先では学位が取得できる 「International Business Communication」を専攻。これまでビジネスの時事問題を学んだことはなかったのですが、実際に授業を受けると新鮮で、同じ専攻にいたヨーロッ パの留学生たちの学習意欲の高さにも刺激を受けました。以来、BBCのニュースをよく聴くようになりました。
また、高校時代から興味を持っていた マーケティングや広告についても学ぶことができました。これから進学する大学院では、映像・画像制作を専攻し、将来はCM制作などに携わりたいと考えてい ます。10ヵ月という短い期間でしたが、いろいろな経験ができ、今後の道を開くきっかけになりました。
 学業以外で思い出深いのは、パブロックの 分野では有名なギタリスト、ウィルコ・ジョンソンのライブに行ったことです。スコットランドで行われたライブに参加できて、とても興奮しました。他にもド イツ在住の日本人ミュージシャンのライブが大学で開催され、大好きな音楽も十分楽しむことができ、留学して本当に良かったと思いました。さらに、海外で一 人暮らしを経験したことで安全確保に関しても気を遣うようになりました。さまざまな面で貴重な経験ができたと思います。

セントラル・ランカシャー大学

Soho Square。
レコード店や可愛いお菓子屋などがたくさん!真
  有名な落書きアーティストの
作品は街のあちらこちらに。
  ウィルコ・ジョンソンの
ライブ会場。
日本人らしき観光客の姿も