西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

森川 真帆

留学体験談

long stay 森川 真帆(もりかわ まほ)さん
[留学時] 文学部英文学科

私の人生の突破口-
留学が私に与えてくれたもの

留学先を選んだ理由

人種のるつぼといわれるアメリカに留学することにより、より多くの
バックグラウンドを持つ方々と交流できるのではないかと考えました。
また、総合大学で様々な授業を受講でき、西南学院大学の提携校の中でも
大学同士の交流が深く、安心して留学できると思いました。

大学や街の様子について

 ミドルテネシー州立大学は州都のナッシュビルからは少し離れており、大学周辺は大分のどかな田舎です。空港から大学までは車で40分ほどかかります。 様々な国から留学生を大学が受け入れています。現地では日本の文化に興味を持っている学生が多く、日本に大変理解のある方が多かったように思います。春に は、大学や町のあちこちに桜が咲き、桜まつりも行われることからも、日本との友好関係の良さをうかがい知ることができました。治安は良く、基本的に一人で 歩いても安心ですが、夜の独り歩きは避けた方が賢明です。

 

 履修した科目名

US Culture & Education
Globalization through film
Small Group of Communication
Backpacking and Hiking
Intro to LSTS

 

特に印象に残った授業

 PHED 1120 Backpacking and Hikingが特に印象に残りました。この授業では実践的なバックパックの知識が学べます。バックパックを学ぶという、おおよそ日本では受講できないよう な授業で、自然が豊かなテネシーに位置している大学にはピッタリの内容です。最初から最後まで非常に楽しく受講できました。授業の終盤には実際にクラスみ んなで二泊三日でバックパックに行き、良い思い出も作ることができます。

 

滞在先について

 Global Learning Communityという、主に留学生が住む寮に滞在しました。私は一つの部屋を日本人の方とシェアしました。設備は、共同のシャワールーム、トイレ、 キッチン、リビングルーム、ランドリーがあります。キッチンは広く、私の場合はミールプランを利用せずに常に自炊をして節約をするように励みました。

 

留学を通じて得たもの

 留学を通して、語学や文化など様々な事柄を学ぶことができたと思います。

 留学で得たことは勉学だけではなく、留学中にはいろんな国籍の方が集まって自国の料理を披露するイベントや、日本の文化を披露する催し物にも積極 的に参加できました。休日には、キャンプやハイキング、ハンググライディングなど、学校主催のツアーにも参加し、たくさんの良い思い出づくりもできまし た。楽しみながら異文化理解を深めることができるのは留学の見どころの一つであると思います。また、冬休みを利用して、ヨーロッパにバックパックを一か月 余りするという普段なかなかできない特別な経験もしました。

 実際にこのような留学での経験は、今後の進路にも活きています。卒業後は、物流会社に就職する予定です。世界と日本をつなぐ仕事に就けたのは留学での経験があってこそ。私の人生の糸口は留学が与えてくれたのです。

ミドルテネシー州立大学

1911年創立。テネシー州で最も歴史があり、規模が最大の総合大学。航空宇宙科学と音楽は特に高い水準を誇る。学生数約23,000人。