西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

水谷 亮太

留学体験談

long stay 水谷 亮太(みずたに りょうた)さん
[留学時] 文学部英文学科

留学で体験した中国人の温かさ

留学先を選んだ理由

中国を選んだのは、高校時代から中国語を
勉強していて、もっと深く学びたいと思ったからです。
特に華東師範大学にはレベル別に細かく
クラスが分けられる制度があるので、選びました。

大学や街の様子について

 空港から約一時間半くらいの中山北路というところに大学があります。治安もよく、人でにぎあっています。大学の周辺には大きなショッピングセンター.映 画館.レストランなんでもあります。普段の買い物は学校の中だけで済みますが、駅の周辺も合わせれば留学で必要なものの95%はそろってしまうと思いま す。上海は物価が高いうえに、人も多いので暮らしにくい印象かもしれません。しかし、大学の周辺には学生にとって便利な施設がたくさんあります。

 

 履修した科目名

TIMES
Listening
Reading
Speaking

 

特に印象に残った授業

  特に印象に残った授業は、スピーキングです。毎回、パワーポイントを使って、発表がありました。欧米の人たちにとって漢字は難しいらしいのですが、反 対に中国語を話すことに関しては彼らの方が上手でした。授業中、先生にすぐ質問する外国人学生の能動的な学習姿勢を見て、日本の大学の風景との違いを感 じ、見習わなければならないと感じました。

 

滞在先について

 私は教室から徒歩10分県圏内にある学校内の寮に住んでいました。シャワー.洗濯機.トイレなど設備が整っていたので、とても快適に暮らすことができました。寮の前には食堂があるので、自炊する必要はありませんでした。

 寮は(一日40元)安かったので二人部屋にしました。ルームメイトは前期が日本人、後期がロシア人でした。どちらともとても優しくて、毎日食堂でご飯を食べる仲でした。留学の際は一人部屋でなく、是非二人部屋にしてみて下さい。

 

留学を通じて得たもの

 私は趣味で中国語を勉強していて、英文学科だったので、なかなか本格的に中国語を勉強する機会がありませんでした。中国に留学したと言うと「ん?中国?」という顔をされます。ではなぜ中国を選んだのかそれは、中国語はこれから企業で需要が増えてくると思ったからです。 

 当初は中国語がペラペラ話せず、また人見知りなため、自分から声をかけることができませんでした。しかし、私のクラスには様々な性格が明るい国籍 の人がいて、いつも私に声をかけてくれました。毎日皆でご飯を食べたり、パーティーを開いたり、毎日楽しく過ごすことができました。クラスメートとは中国 語で会話をしていたので、結果中国語のレベルもぐんぐん上がり、中国語検定2級やHSK6級にも合格することができました。

 また留学を通じて、中国の人の優しさを感じることができました。これは、現地に長くいるからこそ、感じることができる事だと思います。中国の人た ちは一度、顔見知りになると、本当にいつも気さくに話しかけてくれ、優しくしてくれます。是非、たくさんの人に自分の目で中国という国を見て理解してほし いと思います。

華東師範大学

1951年、当時の大夏大学、光華大学を中心に、復旦大学教育系、同済大学動物系、植物系、東亜体育専科学校を合併して創立された。1978年以降、改革開放政策の中で大学規模の拡大を図ってきた。人文・社会科学をはじめ外国語学、商学、経営学など21学部を擁する国家教育部直属の重点大学の1つである。学生数約26,000人。