西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

栗屋 まりえ

留学体験談

long stay 栗屋 まりえ(くりや まりえ)さん
[留学時] 商学部商学科4年(2012年当時)

世界中の人たちと交流することで、
自分の常識を打ち破り、
多様な考え方を
受け入れられるようになりました。

留学先を選んだ理由

専門的にビジネスを学べる環境と、授業が英語で行われることに惹かれ、志望しました。

 大学2年次のハワイ短期語学研修で、現地学生の勉学や将来に対する意識の高さに触れ、自分の視野をもっと広げないといけないと思ったのが留学の きっかけです。ボルドー・ビジネス・スクールの授業は、英語で行われます。先生の話を30分間聴いた後、すぐにその内容について学生同士でディスカッショ ンするなど、スピードが早く、初めはついていくことで精一杯でした。しかし、徐々に慣れてくると、学生たちの意見は、それぞれの国が置かれている状況など が反映されていることがわかり、とても興味深かったです。最初の頃は、他国の学生の言動に疑問を感じたり、戸惑うこともありましたが、多くの時間を共有す る中で「そういう考え方もある」と納得できるようになりました。留学して気づいた私の一番の変化は、自分の常識にとらわれることなく、多様な考え方を受け 入れられるようになったことです。そして、もっとフランスを知りたくなったので、近い将来、本格的にフランス語を学びに再び渡仏したいと思います。

ボルドー・ビジネス・スクール

フランスでトップレベルの高等教育機関(グランゼコール)の一つで、1874年に創立。42カ国に122の国際パートナーを持つが、日本では本学のみ。