西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

古賀 由華子

留学体験談

long stay 古賀 由華子(こが ゆかこ)さん
[留学時] 商学部経営学科

留学を通して考え方も行動も
180度変わりました。

留学先を選んだ理由

以前から関心を持っていた韓国語を習得するために
韓国留学を志望しました。
韓国語だけでなく文化や習慣をよりたくさん知るために比較的日本人が少ない釜山を選びました。
また、釜山の方言に興味を持ったことも決め手の一つです。

大学や街の様子について

 私は、釜山にある慶応星大学校に留学しました。大学は空港から車で1時間弱のところにあり、すぐそばに釜慶大学があるため大学周辺はいつも学生で賑わっ ていました。食事をしたり買い物したりと大学周辺で必要なものはほとんど揃います。慶星大学にはアジア圏を中心に世界各国からたくさんの留学生が在籍して います。外国人学生向けの授業もありますし、韓国人学生に混ざって授業を受けることもでき、学習環境もとても良かったと思います。

 

 履修した科目名

Business English
Current Korean for Superiors
Leaning Korean through Movie for Superiors
Market Research
Financial Management

 

特に印象に残った授業

 前期後期ともに受講した、「実用英会話」という授業が印象に残っています。この授業は全学部必修の科目で1クラス15人前後で行う英会話の授業です。授業 はネイティブの先生が100%英語で行います。会話やリスニングが中心で、時にはゲームをしながら楽しい雰囲気での授業でした。すべて英語だったため初め は緊張していましたが、先生やルームメイトがフレンドリーな方ばかりで、最後まで楽しく受講することができました。

 

滞在先について

 1年間、大学の学生寮で生活しました。寮は2人部屋でルームメイトは西南から一緒に留学した先輩でした。西南からの交換留学生は寮費が免除されました。部 屋にはシャワー、洗面台、冷蔵庫、エアコン、机、ベッド、クローゼット、トイレ等必要なものは全て揃っていました。寮のエントランスにはゲートがあり寮生 以外は部屋に入れないようになっているためセキュリティはしっかりしています。また、一階には学食と売店がありとても便利でした。二階には国際センターが あり、平日は留学生の担当者の方がいるので安心でした。時々、寮内でのイベントも開かれるので国籍問わずたくさんの友達を作る良い機会にもなりました。

 

留学を通じて得たもの

  私が韓国留学を通じて得たものは行動力だと思います。1年間という限られた時間の中で出来ることを精一杯やろうという思いから、積極的に外に出て色々なこ とにチャレンジできたように感じます。私は昔から何かやりたいことがあっても、なかなか最初の一歩が踏み出せず後回しにした結果、何もできずに終わってい まい後悔することが多々ありました。しかし、韓国で生活するうちに時間に限りがあることを痛感し、とにかく興味があれば後回しにせずやってみるという生活 を送りました。外に出てたくさんの人に会うことで韓国語の上達にも繋がりました。出発から帰国まで初めてだらけの1年間でしたが、韓国で出会ったたくさん の人たちに助けられながら、今までで一番充実していたと胸を張って言える1年間になったと思います。今しかできないことを逃さないようにこれからも積極的 な姿勢を保っていきたいと思います。

慶星大学校

1955年創立。人文、法学、商経、神学など、10学部74学科・専攻を擁するクリスチャン大学。学生数約13,000人。