西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

河野 多絵

留学体験談

long stay 河野 多絵(かわの たえ)さん
[留学時] 文学部外国語学科英語専攻

Jó napot!ドナウの真珠
ブダペストで英語留学

留学先を選んだ理由

ヨーロッパの大学に留学したかったから。
人とは違うことをしてみたかったから。

大学や街の様子について

 キャンパスは街中にありますがキャンパス内は静かです。図書館はあまり大きくないです。食堂やカフェのほかにバーもありました。留学生の数は多いです。特にヨーロッパからの学生が多いですが、アジアからの留学生もいました。現地の学生、留学生問わずほとんどの学生は英語を話せます。しかしスーパーの店員や郵便局で働いている人は話せません。空港から学校まで直接行ったことはありませんが、空港から寮まではだいたい23.4㎞ほどの距離で、タクシーで40分、料金は7,450フォリント(約3,200円)でした。滞在中に治安が悪いと思ったことはありません。地下鉄の駅にはホームレスが結構いますが、危害を加えてくることはありません。寮から学校まではバスとトラムを乗り継いで40分くらいでした。ブダペスト内のバス、地下鉄、トラムが乗り放題のチケット が1か月学割で3,450フォリント(約1,500円)です。自動販売機や駅内のチケット売り場で購入できます。

 

 履修した科目名

Hungarian Language for foreign students
Business English Vocabulary
American English
British Society in Contemporary Films 1
Cultural Heritage and Films

 

特に印象に残った授業

 British Society in Contemporary Films 1とCultural Heritage and Filmsは同じ先生の似たような形式の授業でした。20人弱のクラスでイギリスの社会や歴史に関する映画を観た後に感想を言い合うという形式で、学期末にテーマ自由のエッセイを提出しました。ヨーロッパの学生と比べると知識量も英語力も劣りなかなか自分の考えを上手く伝えることができずに悔しい想いもし ましたが、がんばって書いたエッセイをちゃんと評価してもらえたのが嬉しかったです。

 

滞在先について

 寮はいくつかありますが、その中でも一番新しい寮でした。11階建てのかなり大きな建物でした。寮は一人部屋と二人部屋がありますが一人部屋の数は少ない ので運が良ければ入れる、といった感じでした。料金1か月一人部屋が46,000フォリント(約2万円)、二人部屋が40,000フォリント(約1万7千 円)です。私は二人部屋で、ルームメイトはポーランド人の女の子でした。部屋は狭いですが綺麗です。水道光熱費、ネット代も込みです。部屋にはベッド、 机、冷蔵庫、クローゼット、鏡、トイレ、シャワー、洗面台があります。キッチンは各階に一か所です。寮内には洗濯室、飲み物の自動販売機、バー、図書室、 バスケットボールとサッカーのコートがあります。寮の入り口から徒歩5分くらいのところにバス停があります。バスで一駅のところに小さなスーパーマーケッ トがあり、バスで10分くらいのところに大きなショッピングセンターがあります。

 

留学を通じて得たもの

 留学を通じて得た一番大きなものは行動力だと思います。西南からエトヴェシュ・ロラーンド大学への留学生はまだ前例がなかったため分からないことだらけで、出発前は本当に不安でした。飛行機の乗り換えはうまくいくか、寮についてからの手続きはどうすればいいのか、履修登録はどうやってするのかなど、初歩的なことも全然わかっていない状態でしたが助けを求めたら親切に教えてくれる人がいて、自ら行動すればどうにかなる、と今なら言えます。私の場合は西南から同じタイミングで行った人はいなかったので自分一人でどうにかするしかなく、自然と行動力が身についたと思います。英語力は自分が期待していたほどは得られなかったですが、これは自分の努力不足のせいです。国の公用語は英語ではなくハンガリー語ですが、自分の工夫次第でもっと英語を伸ばすことは可能だったと思うので反省しています。それでも日本ではまだまだ未知の国であるハンガリーの言語や文化を少しでも学ぶことができたのはとても大きな収穫でした。留学で英語だけではなく、何か別の言語をちょっとでも学んでみたい、ほかの人と違うことをしてみたいという人にはハンガリーはおすすめです。

 

エトヴェシュ・ロラーンド大学


1635年創立。ハンガリーの首都ブダペストに位置する約380年の歴史をもつ公立大学で、同国で1番歴史が古く、1番学生数が多い大学である。1950 年に、1890年重力偏差計を発明したエトヴェシュ・ロラーンド氏を記念して現行の大学名称に改称された。学生数:約30,000人。