西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

川原 杏菜

留学体験談

long stay 川原 杏菜(かわはら あんな)さん
[留学時] 文学部外国語学科フランス語専攻4年(2012年当時) (福岡中央高等学校出身)

エネルギーあふれる世界各国の
人々との出会いがチャレンジす
る気持ちと行動する力を与えてくれました。

留学先を選んだ理由

グルノーブルは大学が集まる学生の街と知り、多くの刺激が受けられると思ったからです。

 フランス語を学ぶ以上、不自由なく意思疎通ができるようになりたいと考えていたので、留学は自然な流れでした。スタンダール=グルノーブル第3大 学は語学系に特化した大学で、日本語を学ぶフランス人も多く在籍しています。授業は語学系に加え、文化・文学系も充実しています。特に印象に残っているの は演劇の授業です。その集大成として演じたフランス語の喜劇は、ユーモアに富んだ内容でした。日本人の私には理解が難しい部分もありましたが、フランスの 文化を肌で感じることができ、いい思い出になりました。また、多くの出会いに恵まれ、エネルギーに溢れる各国の友人ができたことも収穫の一つです。子供連 れで留学している人や社会人を経験した後に留学している人。いくつになっても自分の意思で学べるということを目の当たりにし、チャレンジすることの大切さ を改めて感じました。卒業後はフランスの大学で学びを深めたいと思い、現在試験に向けて勉強中です。

グルノーブル・アルプ大学

 フランス南東、アルプスの美しい山々に囲まれ、自然豊かな山岳都市グルノーブルに位置する。夏はハイキングやトレッキングでにぎわい、冬はスキーが有名である。同大学は外国人向けのフランス語教育に長い歴史を誇る。市内には15の美術館や博物館があり、語学を学びながらフランス文化や歴史も体感することができる。小さな町だがトラムやロープウェイなどが整備されてあり、モダンな都市である。

 また多くの大学が集まり学生の活気のある学園都市でもあり、グルノーブルはさまざまな魅力の顔をもっている。