西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

江渕 梨香

留学体験談

long stay 江渕 梨香(えぶち りか)さん
[留学時] 文学部英文学科4年(2013年当時) (筑紫中央高等学校出身)

留学は「自分を変えるチャンス」

留学先を選んだ理由

英語力の向上と自分自身の成長を目的に、日本とは異な
る環境の中で学びたいことに集中したかったからです。

 観光業に興味があったので、留学先では、ホテルなどの管理・設計やサービスがお客様に伝わる過程などを学ぶ「ファシリティ・マネジメント」を専攻 しました。「建物の外観よりも室内をマネジメントする」という考え方に興味を持ったのですが、それまで全然学んだことのない分野で、しかも授業は英語。プ レゼンテーションやディスカッションが多く、最初はとても難しく感じました。毎日のように同じアジアからの留学生やフラットメイトと英語で話すことで環境 にも慣れてきて、授業もわかるようになりました。
 いちばんの思い出は、一人で夜行列車に乗ってラップランドまで行き、その年最大のオーロラを見たことです。とても感動しました。現地のクリスマスパーティーに参加したことも印象に残っています。
  フィンランドの人はシャイで日本人に似ていますが、他のヨーロッパの国の人は発言も積極的。そうした国民性や価値観の違いに触れて、留学前よりも自分の意 志を持って発言や行動をするようになったと思います。留学中は、とまどうことが多かったのですが、どんなに落ちこむことがあっても投げ出したりせずに
取り組むことの大切さを学ぶことができました。また、携帯などがあまり使えなかったので、人と直に触れ合う機会を多く持つことができ、人とのつながりを大切にするようになりました。

ユバスキュラ応用科学大学

1992年創立。質の高い研究活動及び教育方法において定評があり、フィンランドの応用科学大学の中で唯一文部省から資金の提供を受ける大学である。特に研究開発分野では、地元企業との産学連携に力を入れている。学生数約8,000人。