西南学院大学
メニュー
language
検 索
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2016年 創立100周年

田中 美穂

留学体験談

long stay 田中 美穂(たなか みほ)さん
[留学時] 文学部外国語学科英語専攻

ファーマン大学
アメリカ

また必ずここに戻ってきたい!
と思える最高の一年を満喫
してきました!!

留学先を選んだ理由

派遣一期生になれるということ、キャンパスや街の雰囲気が決め手でした。

大学や街の様子について

 とにかく美しいキャンパスがとても魅力的です。どこをとっても絵になる風景ばかりで、勉強の場でありながらもゆったりと時間が流れリラックスできる 空間です。近所の人たちの散歩コースにもなっています。生徒数は約3000人で、その内留学生は120人くらいです。授業はほとんどが少人数クラスで、先 生と生徒のコミュニケーションが密にとれるので勉強に適した環境です。

 大学は空港から車で30分ほどのところにあります。学校の周りにはスーパーやレストランなど必要最低限のお店しかないので、基本的に車がないと遊んだりダウンタウンに行ったりできませんが、田舎が好きな人や静かな空間で暮らしてみたい人にはぜひおすすめしたいです。

 

 履修した科目名

Digital Communication
Public Speaking
World Religion
Wellness Concepts
Percussion

 

特に印象に残った授業

 Public Speakingのクラスが本当に面白かったです。1学期を通して自分が選んだテーマについてのスピーチを計4回しました。ネイティブの前でスピーチをす るのはとても良い経験になりました。スピーチをした後はクラスのみんなが良かったところや改善点などを言ってくれてとても勉強になったし、それを通してみんなと仲良くなることができたので、本当にこの授業をとって良かったと思います。

 

滞在先について

 寮は4人で生活します。キッチン・リビング、個人部屋が4つ、バス・トイレが2つ付いています。寮費は月7万円ほどです。ミールプランにも入りますが、月3万円弱でキャンパスのすぐ近くにあるダイニングホールやフードコートで食事ができます。

 

留学を通じて得たもの

 完璧を目指さずに自分のできることからきちんとやっていこうという姿勢が生まれたと思います。アメリカに行ってすぐは、やはり語学力の問題だった り勉強だったり上手くいかないことが沢山ありました。でもそこで悩むのではなく、誰かに相談したりコツコツ取り組んだりすること自体が結果自分のスキルアップに繋がると気づきました。

 また留学先でできた人の繋がりは本当にかけがえのない財産です。1年という短い期間ですが、帰ってきても連絡は取りつづけていますし、彼らの様子を知ることで自分もまたがんばろうという気持ちになります。

 何よりもこの充実した1年のおかげで、もう一度何らかの形でアメリカに戻りたい!という気持ちを今持っていることがとても幸せです。この気持ちでこれからも色々なことに挑戦していきたいと思います。

ファーマン大学

1826年創立。学生と教員の比率が11:1(平均1クラス19人)と、少人数教育が徹底されているリベラル・アーツの私立大学。アメリカ全土から優秀な学生が集まっており、全国紙でも高い評価を得ている。学生数約2,700人。